FHSW official dev BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007_FHSW_Event_1

およそ1ヶ月半に渡って行われてきたFHSWイベント"JUDEvsUME"が、先日終了いたしました。
その進行に当たっては様々な困難がありましたが、ひとまず無事に開催できたことを嬉しく思います。


今回のイベントは117Coupeさんの提唱で計画され、その趣旨は以下のようなものでした。
・FHSWプレーヤー間の交流を図る
・イベントを通してFHSWの競技性を向上させる
・FH2のリリースに合わせて、FHSWの存在をアピールする



結果的には概ねこれらを達成できたと考えております:)
それになにより、このイベントを楽しむことが出来たことに静かな満足感を味わっています。

参加された皆様、いかがだったでしょうか?




そんなFHSWイベントですが、私はUME軍司令官として参加しました。
そこで、演習戦を含む3日分の戦闘の感想を述べさせていただこうと思います。

ずいぶん偉そうなことも言っていると思いますが、
これは司令官視点で自分に対して思ったことであり、自戒の意味が強いものとなっております。

決して参加者の皆さんを非難したりする意図はないので、ご了承を:)



11/24 事前エントリー vs YOU 演習戦

この演習戦は本戦に向けたチーム分けの参考とするため、また作戦担当官の慣熟の為に開催されました。
YOU側の連携力に驚かされ、事前エントリー組には良い経験になったと思います。


・トブルク
エントリー組(イタリア)敗北

初動の北ルート戦車ラッシュが撃破され、第1線の確保に手間取ってしまった。
即座に南ルートに切り替え、戦力の再配備を待って突入した。このあたりの切り替えは上手くできたと思う。

基本的に戦力を貯めてからラッシュする戦略であったが、充電時間にチケットを多数失う結果になっており、場合によっては逐次投入も必要だったかも知れない。
狭く地形的に不利な北ルートはラッシュに不向きであり、作戦段階でのミスが重大な結果を招いた。



・ニュウネン
エントリー組(アメリカ)敗北

第1拠点の確保に手間取り、その後も押し切れなかった。
敵戦車隊は上手い具合に排除できており、装甲戦力はこちらの有利であったがそれを生かし切れなかった。

第1拠点の確保に手間取ったことで焦りが生じ、チケットを大切にしなかったことが悔やまれる。
個人的になんで負けたのか良くわからないw



・プロホロフカ
エントリー組(ドイツ)敗北

初動の本隊の動きは良かったと思う。風車をあっという間に落とすことが出来た。
しかし敵空軍や装甲部隊の活躍でその後が続かなかった。北へ向かう部隊はちょっと少なかったかな?

何より橋を落とされたことが辛く、これが惨敗の原因だったと思う。
かえって北へ向かう部隊が本隊に合流して突破力が上がったというのも事実であるが、本来ならこれは北拠点を陥落させてから行われるべき事だ。



・ラメルヌーヴィル
エントリー組(ドイツ)勝利

唯一、勝利することが出来たマップ。koenig司令官の指示が的確だった。
あまり期待していなかったスーパー裏取りが成功し、更に本隊の攻撃タイミングと揃っていたために上手い具合に押し込むことが出来た。

ここは2006年6月のイベントで大敗したマップだったので、喜びもひとしお。




2007_FHSW_Event_2 2007_FHSW_Event_3 2007_FHSW_Event_4 2007_FHSW_Event_5

2007_FHSW_Event_6 2007_FHSW_Event_7 2007_FHSW_Event_9

12/8 JUDE vs UME 本戦初日

およそ1年ぶりの陣営対抗戦、第1戦目。SSは最後の撮影タイムに撮ったものです:)
今回はJUDEとかUMEというのは名目だけでしたが、それでも前回までは頼れる味方だった方が敵に回ったりして緊張しましたねw

チーム分けや運営のゴタゴタで準備期間が短く、参加者の方々にご迷惑をおかけしましたことをお詫びします。



・カランタン
UME軍(アメリカ)勝利  終了時チケット 487:356

特にこのマップは変わった作戦を採用しなかった。
ジリジリ前線を押し上げ、チャンスが来たら突っ込むというメリハリのある攻撃を意識したのみである。

JUDE軍の守りは流石といわざるを得ず、特に2番拠点攻略に手間取った。
その後もジリジリと追い詰めたが、4番拠点を攻めきるだけの勢いは残っていなかった。

突撃のきっかけを作った、白旗化した兵士に乾杯!



・チタデル
サーバーダウンによりドロー  鯖落ち時チケット 492:384

TB3を使っていた関係で前線の様子が詳しくわからず、細かい指示などは行わなかったが、かえってそれが戦況を有利に運んだ結果になっていた。
つまり、ミニマップやVC報告で各自で戦況を判断し、能動的に動くことが出来ていたということである。

人数不足で本来役割を設けていたにもかかわらず誰も配置されていない部署があり、若干の混乱がみられたが全体的に上手くカバーできていたと思う。
惜しむらくはサーバーダウンにより試合が中断されてしまったことか。



・ストーム
UME軍(ソビエト)敗北  終了時チケット 000:287

基本戦略は戦車を貯めてから固まって突撃し、西から巡に削り取っていくというものだった。
空軍の的確な援護もあって初動は非常に上手くいき、突撃時にJUDE軍が慌てていたことを後に知って思わずニヤリ。

しかしその後が続かず、残念ながら戦線を拡大することが出来ずに封殺されてしまった。
歩兵に対戦車兵器がない関係で拠点確保後は装甲車の逐次投入をしてしまったこと、飛行場にこだわりすぎたことが敗因と思う。



2007_FHSW_Event_10 2007_FHSW_Event_11 2007_FHSW_Event_12 2007_FHSW_Event_13 2007_FHSW_Event_14 2007_FHSW_Event_15

12/23 JUDE vs UME 本戦2日目

8日の1戦目から2週間の準備期間を設けて行われた第2戦。SSはやはり記念撮影時のものです。
合間にMOD祭りやFH2リリースがあったためモチベーション低下が心配でしたが、UME軍の皆さんの協力もあり、なんとか準備を間に合わせることが出来ました。

演習から数えて3戦目ともなると参加者の方々もこなれてきて、全体的にリラックスしながらプレイできたと思います:)



・新フォイ
UME軍(ドイツ)勝利  終了時チケット 221:0

砲兵とティーガー戦車を主軸に、歩兵でがっちりと防御する戦略。特に敵空挺降下時に旗本に集中するように意識した。
敵歩兵が煙幕を展開しつつ旗本まで浸透し、ピンチに陥ったことが数回あったが、VCによる連携で上手くしのぐことが出来た。

空挺降下は普段より多めに飛んでくるルールであったが、20mm機関砲による的確な防御、
降下タイミングが少々ずれていたこと、また空挺部隊自体が少なめだった事により、思ったより驚異になっていなかったように思う。



・カーン
UME軍(カナダ)勝利  終了時チケット 139:0

作戦としてはBPを主軸に据え、その他でそれを援護しつつ最初の拠点を迅速に確保するように考えた。

これが非常に上手くいき、こちらのペースで試合を進めることが出来た。
グライダー/LVT/空挺降下などを組み合わせ、効果的にJUDE軍の防衛兵力を分散させることが出来たと思う。

個人的に印象的だったのは工兵の多さ。一時はチームの8割が工兵でリスポーンしていたほどで、凄まじい勢いで戦車を修復していたw

ちなみに、第1拠点確保後に3分ほどマイクをミュートにしたまま気付かなかったというアクシデントが発生w
それにもかかわらず、他のUME軍のメンバーが自発的にタイミングを取って攻撃していたことを非常に嬉しく思った。



・ゼーロウ
UME軍(ドイツ)勝利  終了時チケット 278:58

1番/2番でいかに粘るかを主軸に据えた作戦。
特に1番の旗に歩兵数名を潜伏させ、時間稼ぎしている間に装甲部隊を待つという戦略が上手くいき、敵に相当なチケットの消耗を強いる事が出来た。

UME軍は空軍戦力が豊富で、これにずいぶん助けられたと思う。
敵砲兵隊のみならず集結中の装甲部隊や高速車両を粉砕し、前線の負担を減らしてくれた。

それにしても、あれほどガチガチに守っていたにもかかわらず最終的に3番まで押し込んだJUDE軍の連携力は凄いと思う。
もう少し時間があるか、初動で時間をかけていなければUME軍も危なかったのではないだろうか。




全体を振り返って

約1年ぶりのイベント開催ということで、懐かしい中にも新鮮な驚きを持って取り組むことが出来ました。

特にここ1年以内にFHSWを始めた方と一緒にプレイできたことを嬉しく思います。
ゲーム内でコミュニケーションが取りづらいBF1942では、こんな機会にしかじっくりお話しする機会はありませんからね:)


運営者の1人としては、そもそも最初は運営では無かった事もあり、今回のイベントは苦労の連続でした。

進行に関するゴタゴタがあったり、チーム分けに多大な時間を浪費したり、告知が遅れ気味であったり、
こと運営に関してはとても褒められたものではなかったように思います。ご迷惑をおかけしました。




今回の反省点としては、これらが挙げられると思います。

・イベントの趣旨が曖昧で、陣営に対する思い入れを袖にする場合があった。
・MAP選定に関する問題。少々アンイーブンMAPが多かった。
・イベントに関する告知が遅れ気味であった。
・両軍間の連絡の不備。特に当日はゲーム内チャットのみで連絡を取っていた。
・特に記念撮影時における、カメラマンへの配慮。
・記念撮影時のグダグダ。


しかし、これらを勘定しても全体的には多くの方に楽しんでいただけたようで何よりです。
また機会があれば、FHSWやその他BF1942MOD、もしくはFH2などでもイベントを開催したいと思います。

最後に、このイベントに協力してくれた皆様、参加者の皆様、本当にありがとうございました!
まだ年末MOD祭りが若干残っておりますので、是非それらもよろしくお願いいたします:)
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。