FHSW official dev BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TS2_Banner_800

文字チャットを打つ余裕がなかなか無いFPSで、自分の意志を素早く正確に伝えることの出来るボイスチャット
そんな便利ツールを使う上で気になるのが、自分の声が相手にどう聞こえているか?ということ。

回線を通すことでどうしてもクリアな音質は望めなくなるものですが、そんな環境でも出来るだけ高品質を求めたくなるのが当然かと思います。
そこで私BigVは怪しいポンコツヘッドセットに別れを告げ、新たな一歩を踏み出した!



・・・なにやら大層な出だしになりましたが、要はヘッドセットを買い換えただけですw

私はBF2からVCを始めたんですが、当時はとにかく聞こえればいいやと思い、380円で投げ売りされていた怪しいヘッドセットを購入。
VCをするのに最低限の機能と品質は満たしていましたが、さすがにミュート機能が無い無指向性安物マイクは嫌だと言うことで買い換えを決心しました。

私はヘッドセットを首かけしてマイク部分だけを使うので、とにかく安くてマイクの評判の良い物を探しました。
すると、どうやらPlantronics社のヘッドセットが良いらしいではないですか!



SS_Audio60_1

そういう訳で、¥598で投げ売りされていた.Audio 60というモデルを購入しました。

値段が値段なので高級感は皆無ですが・・・
単一指向性のそこそこ高品質なマイク、ボリュームコントロールとミュートスイッチ、長めのコードなど、VCには欠かせない機能は全てそろっています。

軽い装着感で疲れにくいというのもポイント。長時間付けていても苦になりません。




肝心の性能ですが、GEENのメンバーによると380円マイクより声がクリアになったそうですw
元がキモ声なので、その範囲内でだけどな!

また、単一指向性のおかげでハウリングが起こりにくいのもGoodです。


しかし入力部分はいいとして、出力が少し心許ないですね。
VCで相手の声を聞くだけなら良いんですが、音楽鑑賞やゲームプレイには全く向いていません。

まぁこの手のヘッドセットの出力に何かを期待する方が間違っているわけで、そういう用途には別のヘッドホンかスピーカーを用意してやると良いと思います。


もう一つ不満点を上げるとすれば、マイクを支えるアームの姿勢に自由度がないことでしょうか。
アーム自体に柔軟性がなく、ヘッドフォンとの接続部分のみが稼働する用になっているのです。




多少の不満点はありますが、値段の割にかなり良い品になっています。
この値段なら壊れても悲しくありませんし、改造ベースにも最適かと思います:)

年末のFHSW祭りで、VCデビューを目論む人はさっさと買ってくるんだ!



ちなみにこのモデル、どうやら型落ちらしいので、入手を考えている人はお早めに。
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。