FHSW official dev BLOG
oma65

チャーリー浜の連載2回目です。

前回、多くの米兵の命を奪ったファシストのMG34チームに血の復讐を果たしたBigV軍曹。
しかしまだまだ海水浴シーズンは続く! はたしてフランス沿岸に連合軍のための橋頭堡を築くことが出来るのでしょうか?



oma20

崖の上の伏兵に倒された後も、諦めずに東バンカーへと攻撃をかけます。

東バンカーと西バンカーを比べると、戦略的な価値は西バンカーの方が高いです。
西の端の坂道を安全に登れるようになる上、前線司令部への道に遮蔽物が多く、次の攻撃へ繋がりやすいのです。
更に運が良ければ敵の前線を突き抜け、奥の拠点に裏取りできる可能性も生まれてきます。

それに対し東バンカーから前線司令部への道は遮蔽物が少なく、
150mmデフガンや設置式MG34にバンカー出口を塞がれて身動きが取れなくなることが多いんですね。

しかし攻撃しないわけにはいきません。
どちらか片方のバンカーを落としてしまえば、残った方への攻撃拠点になるからです。





oma21

リロード中なのか銃身冷却中なのか、とにかく敵のMGが沈黙している隙に一気に走り抜けます!




oma22

浜は敵の砲兵の照準に捕らえられており、
15cmネーベルベルファー・ロケット、150mm重榴弾砲、80mm迫撃砲、さらには手榴弾に至るまで、敵の持つあらゆる火砲の洗礼を受けます。

幸いな事に、その切り立った崖のために浜の真ん中当たりまでしか着弾しません。
また大きく弧を描く迫撃砲の弾薬には限りがあります。

忌々しい崖も砲兵からは守ってくれるので、その点では感謝。お陰さまでMGのカモですが!





oma23

敵のMGに射すくめられ、砲弾痕で釘付けになるBigV軍曹。
クソッ、普通ならこの距離でファッ○ン・ファシスト共の足りない頭に風穴を開けられるのに!





oma24

鉄条網の土手までは辿り着けるのですが、今回のMGガンナーの冷静さはなかなかもので後一歩が超えられません。
土手から顔を出すと、点射で確実に仕留めてきます。

あまり慣れていないMG射手は、それこそ浜一面にやってくる"カモ"に目が眩んでしまい、
バリバリと撃ちまくってマズルフラッシュで自らの視界を奪ってしまったり、銃身を熱でダメにしてしまったりするのですが・・・





oma25

どうにも東バンカーの攻略に行き詰まってしまったので、大尉の指示で西に重点を移すことになりました。
こちらの方が攻めやすいことは攻めやすいです。どちらも地獄なのに変わりありませんがw





oma26

何度か突撃が粉砕されましたが、遂にバンカーに肉薄することに成功。
BigV軍曹は最新式のカービン銃、M2片手に突入します!

M2カービンはFHSWで追加された武器で、M1カービンにかなり速い回転数のフルオート機能を付け、30発のロングマガジンを装備した物です。
トンプソン並みの回転数でサブマシンガンより強力な弾丸を連射し、さらにカービン銃の精度なのでかなり強力です。

しかしフルオート時の照準の広がりがシャレにならないくらい酷いです。
至近距離以外ではとても当たりませんので、指切りバーストが基本になりますね。





oma27_1

さてこの悪魔の城ですが、浜からの入り口は頑丈な鉄の扉で塞がれています。
そこで工兵の出番!バンガロールで吹き飛ばしてやりましょう。

…バズーカでいいじゃないか、だって? Nuts!男なら工兵じゃ!





oma27_2

何とかバンカー内に潜入するものの、BigV軍曹の他に突入できたのはただ1人。頼むぜ相棒!
バンカー内には敵兵が待ちかまえていますが・・・援軍を待つ余裕はなし。進むしかありません!


しかし階段に足をかけた次の瞬間、1発の銃声が!彼は声もなく崩れ落ちました。
"なんて・・・なんてこった・・・!名前もきいていなかったのに・・・!"





oma28

階段の先にはファシストの擲弾兵が!
・・・このキャベツ野郎!よくも!




oma29

ヒャッハァー! 敵は取ったぜ、相棒!

ぶっちゃけCSやDoDに比べると、そこまでシビアなエイムは要求されません。
まぁゲームの方向性が全く異なるので、比べるという行為自体がナンセンスなんですけどね!





oma30

不気味なことに、入り口から踊り場までたった1人の敵兵しかいません。
普通は3~4人待ち伏せているのですが! これは・・・ファシストの罠なのか?





oma31

次の階段を登るとMGのある最上階です。
突入に備えてのリロード中、BigV軍曹に悪魔の囁きが・・・





oma32

そういや映画にこんなシーンあったよなぁ・・・

この後バンカーが内側から焼き払われるんだっけ。格好良いんだよなぁ。
あんなの見たら、そりゃ外から見てる連中は士気上がるわな。


あいにく火炎放射器は持っていませんが、手元にはバンガロール。



・・・あれ、これ再現したら英雄じゃね!?





oma33

GoGoGo!
ここでバンガロール装備は死亡フラグなのですが、敵兵の姿は見られませんでした。

しかし気分は3Dボンバーマンw





oma34

誰もいない・・・
あまりにも静かすぎて不気味ですが、これはバンカーを内側から爆破後、旗まで取れるかも知れません!?





oma35

Fire in the hole!

よし、爆破後入り口脇の小部屋でキャンプして、このまま拠点もいただきだぜ!
これで俺も合衆国の英雄として凱旋だ!ワハハハハ!






















oma36


…アッーーー!









oma37

oma38


BAKOOOOOOOOM!


BigV軍曹の野望は、西バンカーの爆破と共に敢えなく潰えたのであった。ちゃんちゃん♪




次回に続きます。
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.