FHSW official dev BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EoD1


先週の金曜日、BF1942の歴史あるMOD"Eve of Destruction"の最新版、ver0.6がリリースされました!


現代戦のDesertCombat、WW2のForgotten Hope、そしてベトナムのEoD。
かつてはこれらでBF3大MODと言われていたのですが、BFVのリリースで没落してしまった悲運のMODです。

金曜日はリリース直後と言うことで人数が足りず遊べなかったのですが、
土曜日には顔文字サーバーさんに35人前後が集まり、少人数ながらも熱いナム戦が出来ましたのでレポートしてみたいと思います。


EoD2

Green HellというMAP。
どぎつい緑の湿地帯、草が生い茂る土地で泥に足を取られながら戦う低視界歩兵MAPです。

初動はベトコン軍の方が北3拠点に近く有利です。




EoD3

初動で北拠点をボートで確保後、警戒しつつ進軍するBigVと同じ村出身の工兵。
彼はSKSシモノフカービンで武装しています。資本主義の犬共を底無しの泥に沈めてやるぜ!

ちなみに自分は特別な理由(装甲車が拠点に侵攻してきたetc)がない限りアサルトライフル装備の突撃兵しか選びません。
EoDの歩兵武器の中ではアサルトライフルが飛び抜けて使いやすいのです。




EoD4

敵のヘリによる奇襲で陥落した北の砦に反撃するベトコン軍団。
草に隠れ、リスポンする敵を警戒しつつ慎重に接近します。




EoD5

3人片付けた後に旗本へ飛び込みます!
この人数だと1vs1の戦いの結果が拠点維持・奪取に直接響くため、緊張の一瞬です。

特にこの拠点は旗範囲が狭いため、"白旗化=自分の位置がバレる"なのでやられやすい。




EoD6

物陰に隠れてリロー・・・アッー!弾がない!
アサルトライフル装備の突撃兵は強力な兵科ですが、弱点もあります。それが携行弾薬の少なさ!

30発×4本または20発×6本しか持っておらず、連射力が有る為に何も考えずに撃ちまくるとすぐ弾切れになります。
30発のType56やXM177の場合、だいたい1マグあたり2killが平均でしょうか。




EoD7

仕方がないのでサイドアームで戦います。
日本軍が残した14年式拳銃です!これは地味に嬉しい。

個人的にこのサイドアームって奴が大好きです。
メインで殺しきれずにマガジンが空になったとき、とっさにサイドアームに切り替えてkillすると興奮しますよね!




EoD8

うーむ、惜しい。あと1killでレート4だったのですが。
今回は上の裏取り以外にほとんど拠点が動かなかったので、旗取りは1回分のみです。

まぁBFではあまりkill数とかレートは重要ではないんですけどね。しかし成績がよいと嬉しくなりますし、励みにもなります。




EoD11

0.6での新MAPです。名前は失念。
川を挟んでの戦闘です。深く切り込んだ地形になっていて、谷のようになっています。

EoDはちょくちょく更新する度、かなりの数の新MAPを投入してきます。
お陰でMAP数ではダントツですが、正直なところ手抜きの駄MAPも多いです。数が多いに超したことはありませんが・・・ちょっとねぇ。




EoD12

初動、一気に斜面を駆け下りで中州の確保に向かいます!

距離的に米軍の方が近く、初動では有利ですね。
ただしその分裏取りもされやすく、中州にばかり集中していると危険なことになりそうです。




EoD13

中州を確保後、すぐにベトコン共がやってきました。
畜生、どこから撃ってきていやがるんだ!

EoDは植物が多い上に視界が低く、索敵がしにくいことが多いです。
なので音で敵の存在を察知し、マズルフラッシュ(植物越しでも見えてしまう)を頼りにネームタグで位置を確認、そこにぶち込むことが多くなります。
もちろん自分の位置もバレるということで、数連射したら移動しないと危険な目に遭います。

その辺ゲーミーなのが少し残念ですね。まぁBFエンジン的に仕方ないのかも知れませんが。




EoD14

南より敵本陣に潜入中。

このMAPは地味に南北に広く、少なめな人数と言うことも手伝って裏取りが非常にしやすいです。
案の定、拠点が入れ替わったりして忙しいゲームでしたw

それにしてもEoDチームは霧・空の色使い、地形のテクスチャ、植物などでベトナムのジャングルの雰囲気を表現するのが上手いですね。
今回は回ってきませんでしたが、Good Morning VietnamというMAPなんかも凄いですよ。しかも無印と大差ない軽さ。




EoD15

うーん、もう少し!




EoD16

BadMoonRisingです。昔から有るMAPですね。
ご覧の通り、ミニMAPの出来がいい(古参MAPに多い)のもEoDの特徴ではないでしょうか。




EoD17

あやしい雰囲気を漂わせる沼地を通って攻撃に向かいます。
密林って感じですね。気味が悪いですw

ゲームとしては装甲車にかき回されたり、どこからともなく沸いてくるベトコンに拠点を落とされたりで敗北してしまいました。




EoD18

うーむ・・・まぁこんなもんです。






たまにやるEoDは面白いですね。

アサルトライフルの性能がハンパ無く、
歩行中もほとんどレティクルが広がらず威力・連射力も高いので、上手くすれば文字通り敵をなぎ倒せるのです。

LMG装備の突撃兵は装弾数こそ高いものの、
歩行中にレティクルが大きく広がる上に収束が遅く、また精度も劣る為あまり好きではないですね。
同じ位置で連続射撃していると位置がバレバレで死にやすいってのもあります。

スナイパーは威力が低めであまり怖くありません。
対戦車兵は対人はハンドガンのみなので脅威にならず、工兵のセミオートライフルは扱いが難しいです。



ベトナム戦争を取り扱ったEoD、いかがでしたでしょうか?

歩兵戦にはFHにはない爽快感がありますが、その分大味で飽きやすいのかもしれません。
所々に見受けられる"無印BF1942臭"もあって、毎日やれと言われるとキツいですw


あとはヘリに乗って戦争は地獄だぜごっこ等も楽しいですよ。
しかし今回の祭りではほとんど歩兵MAPonlyだったので、いい絵が撮れませんでした。





最後に一言。
ほとんどアサルト1択だったので、見る人にはつまらなく感じたかも知れませんね。

あとスクリーンショットキーを押す余裕がほとんど無いので、戦闘中の迫力有る絵は一枚も撮れませんでした('A`)
今度はSS撮る方法を熟考せねば。

マウスに割り当ててないボタンがあるからそれにしようかな?
左クリック連動だと膨大な量になりそうだし。しゃがみボタンなんかもいいかも・・・


なかなかこういう記事って難しいですね。
まぁ次回以降はもっと面白いレポが出来るように努力します。
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。