FHSW official dev BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

geen_banner



2006年1月16日に活動を開始したクラン[GEEN]ですが
去る2007年1月13日、正式に解散することになりました。


元々BF2クランとして発足したクランGEENは、国内最大規模のBF2クラントーナメントリーグ(CTL)に出場するなど積極的に活動してきました。
しかしBF2自体にマンネリを感じていたことは否めず、BF2クランとしての活動を行うことが出来ない状況が続いていました。

満場一致で移行できるゲームがあればそちらに活動の場を移すことも考えられましたが、遂にそういうタイトルは現れず・・・
このままグダグダの状態を続けると、他に活動を移したいメンバーを束縛してしまうことになるのではないだろうか?

それならばこの曖昧な状況に解散という形で終止符を打ち、精神的な"けじめ"を付けることが正しいのでは・・・


そういう考えを元に、全員の了承を得た上での"解散"です。




さて、解散といってもGEENが消えて無くなるわけではありません。
ほぼ1年に渡る活動によって得られた、気軽に遊びを共有できるスペースを無くしてしまうのは非常にもったいない。

なのでこれから先もIRCなどで集まる機会はどんどん設けていきたいと思います。
旧メンバーの方も、それ以外の方も、気軽に遊びに来てくださいね。いつでも歓迎します。



リアルに力を入れていく人、他ゲーに活動を移す人等進路(?)は色々ですが、皆の心にGEENが生き続けてくれればなと思います。

ところで自分はというと・・・PC上での活動としては、BF1942に戻ろうと思っています。
FHSWのリリースでまだまだ盛況を見せていますので、盛り上げる側に立って活動していきたいですね。



GEENは解散しますが、まだまだこれから色々な活動を展開していきたいと考えております。



今までGEENに関わったクラン様、個人様、本当にありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします!



さて、これもいい機会なのでGEENの思い出と、メンバーに一言ずつ述べていこうと思います。
個人的なけじめでしょうか。まぁ自己満足的なものなので読む価値はあまりないでしょう。(w


GEENの思い出



・NYANNYANサーバー ~2005年秋から冬にかけて~


GEENの原点です。このサーバーの常連の一部が主になって結成しました。
2005年の秋頃が活動のピークだったでしょうか。野鯖の夜勤と合わせて、思えば一番楽しかった頃かも知れません。



・活動開始 ~2006年1月~


サイトやIRCチャンネルの設置等、クランとしての活動に必要な準備がようやく整い、迎えたクラン発足の日。
創設時はたったの6人しか居ませんでした。まぁ終始少人数でしたけどw

自分はクランに参加すること自体初めてで、いきなり副代表という立場に戸惑いつつも、きっと楽しく活動が出来ると確信していたのを覚えています。
また発足直後の運営会議ではメンバー全員が真剣にGEENについて考えてくれて大変嬉しかったですね。




・PrTzN+YOU vs Sgtz+YOU ~2006年2月~


非常に印象深いイベントです。
正式に登録したりしたわけではなくゲリラ的な参加でしたが、クランとして初めて本気で取り組んだイベントでした。

当時GEENは知名度強化とメンバー数の確保という名目で野鯖での活動をメインとしており、ぬるま湯に浸かっていたのですが、この日は皆、目の色が変わっていましたね。

強豪クランさんに混じっての戦いで、普段出来ていることがなかなか出来ずに悔しい思いをしました。
自分達では結構実力があると思っていたのですが、コテンパンに伸されることで世界は広いんだなぁと実感しましたね。




・初交流戦! GEEN vs JUDE ~2006年3月~


発足から2ヶ月あまり、初のクラン戦を行いました。
段取り等わからないことだらけでしたので、JDさんに手取り足取り教えていただいた感じですね。

カルカンドとオマーン16人、それぞれ表裏で合計4ラウンド。
結果、カルカンは僅差で表裏とも二勝利、オマーンは表は大差、裏はまずまずの差で敗北でした。

初めてにしては上出来でしたが、
ごり押し歩兵MAPのカルカンはまだしも有機的な動きが必要となるオマーンでは課題が残る結果でしたね。

思えばもう既に"白兵が得意・連携は苦手"というGEENのキャラが立っていたと思いますw




・BF2CTL1stシーズン 8人制・16人制 ~2006年4月から5月終わりにかけて~


日本中のBF2クランが参加したビッグタイトルです。
GEENは8人制と16人制(=JD=さんと連合)で出場しました。

初交流戦以降、何回か交流戦をこなす内に自信を付けていたGEENメンバーにとってはこれ以上ないタイミングでの大会参加でした。
明確な目標(もちろん優勝!)を持って真剣に取り組みましたね。特に第1試合直前は鬼のように活動しました。


結果は8人制3位、16人制2位でした。
最初は勢い余って優勝も狙えると本気で思っていたりもしましたが、まだまだでしたね。

しかし最後まで"突撃上等、戦力集中による1点突破"というスタイルを貫き通すことが出来たので満足です。
例えそれが敗因だとしても、自分達の信念をぶつけ、そして散った2ヶ月でした。


しかし大会期間が非常に長く、試合の克明な記録を終了直後に配布したこともあって徐々にモチベーションが下がったことも事実です。
2ヶ月近く同じMAPを試行錯誤する・・・冗談抜きでBF2の事が頭から離れませんでしたからね。

また大会期間中のガチな雰囲気、ゲームをやることがまるで義務のようなムードが出来てしまったことも非常に残念です。


しかし全体を通してみれば、この大会を通して大変良い経験をすることが出来たと思います。
特に副代表・外交役として多くの方々と知り合えたことに大変な価値がありました。良くも悪くもGEENに多大な影響を与えたイベントでした。




・その後のGEEN ~2006年半ばから2007年にかけて~


CTL終了後は正直なところBF2にお腹いっぱいになってしまいましたね。特にカルカン16人は見たくもありませんでしたw
模擬戦や大会参加などテコ入れも試みましたがアクティブメンバー数の低下によって活動不全に陥り、秋頃からは適当にIRCで集まって遊ぶ、といったサイクルの繰り返しでした。

そのようなグダグダな状況が続いてしまい、メンバーには申し訳なく思っています。





メンバーへ一言


vigv

リア友です。なんだかんだで一番付き合いが多い気がします。

あらゆるゲームに対するセンスは抜群で、気に入ったゲームに関してはトップクラスの実力をサラッと得てしまうところが恐ろしい。
またこれはGEENで共に活動する内に気付いたのですが、仕切りも上手いです。その実力と合わせてカリスマ的な人心掌握術も見せつけてくれました。

最近はリアルが充実しているようで、喜ばしい限りです。
また一緒に同じテーマにガチで取り組もうぜ!



Myo.com

vigvの古くからの知り合いで、半ば無理矢理BF2に連れてこられていたようなw

Myoさんは努力の人です。特にCTL期間中の司令官っぷりには素晴らしい物がありました。
嫌になることもあっただろうに、最後まで真剣に取り組んでくれたのには素直に嬉しかった。



=DmP=CODEN

とても同じような歳とは思えないほど落ち着いた印象です。
かといってクールキャラでもなく、ネタや知識にも長じています。いつもIRCやTSで皆を楽しませてくれました。

プレイスタイルは柔軟で、数々のパッチを乗り越えて高い実力をキープしていました。
またアクティブメンバーが少なくなったGEENを支えてくれた1人で、本当に感謝しています。



orage

orageさんはGEENの中でも独特の雰囲気を持っていました。
TSを使えないとのことで誰もその声を聞いたことがなく、あまり自分を語る人ではないようで最期まで謎に包まれていました。
一部女の子説が出たりもしていましたが、自分は信じていませんw

BF2が出る前からFHで活躍していて、あの顔文字と共に自分の中でも特に印象の強い方でした。
陰を追い続けているのですが・・・未だに追いつけません。今でも彼以上の兵士は居ないと思っています。

個人的には2005年の10月頃にクランに誘ってくれたときにOKしてくれたこと、
GEEN発足当初は話を振られない限りほとんど発言しなかったのに、時が経つにつれて自分から話しかけてくれるようになったことが凄く嬉しかったですね。

また一緒にプレーしたいものです。



c.take

とにかく熱い人です。CTL前後ではよく喧嘩したりもしましたねw
攻撃的なプレイスタイルで、AK持ってるときは勝てると思った試しがありません。

しかしその分、人一倍GEENに対して真剣に当たってくれたと思います。
あとCODENさんと共に苦しい時期のGEENを支えてくれたり、個人的な相談に乗ってくれたりしたことからも彼の人の良さがわかります。



LimitedPanda

関西弁の印象が強烈ですw そしてリッチ。
パンダさんが居なければクランGEENは存在しなかったかも知れません。あるいは全然別の集まりになっていたでしょう。

惜しむらくは一緒に遊ぶ機会が少なかったことでしょうか。またあの元気な声を聞きたいですね。


KosueOnTheMoon

何事にも丁寧な印象です。
彼に分隊長や司令官をやらせると細かい状況までよくわかりました。

あまりアクトは高くありませんでしたが、ちょくちょくGEENに遊びに来てくれます。
これからも遊ぶ機会があればいいですね。



Strike

趣味のバラバラなGEENの中で数少ないFH同志です。
キーボードとマウスで芸術的な飛行機操縦術を見せてくれます。

GEENに対しても、特にCTL期間中に積極的に議論・活動に参加してくれました。
最近復活気味なので嬉しいです。



Marlboroboy

GEENのムードメーカーですw
独特のトーンで繰り出されるマルトークの数々にはGEENメン一同魅了されっぱなしでした。

夜勤時代からの古い付き合いで、愉快な思い出の多い方です。
マルさんとは尻切れトンボで話せなかったネタがあるんですよね。また機会があれば話したいなぁ。



Zudah10

GEENでは一番の常識人だったかも知れません。
あまり我を通さず、真面目に活動に取り組んでくれました。

ガチムードの時に、口の悪い自分の言葉を真剣にとりすぎることがなかったかどうか少し心配です・・・



Takanashi

なんだか振り回してばかり居るような気のする方です。
入隊直後に模擬戦に出てもらったり、色々と無理を言ってしまったような・・・w

良く気の付く方で、いちいちTSで言わなくても相手を見て行動してくれました。



Burumaster

ダーティですw
渋めの声とちょっと辛口なトークで、GEEN笑いを散りばめてくれます。

Source系のゲームで遊ぶときはサーバーを立ててくれたり、優しい一面もあるようですw
あと、こっそり頭良さそうな雰囲気がします。気のせいではありません。多分。



MIXrex

独特の"ミックス節"が印象的ですね。
そのテンポと相まって、ツッコミ役に回っていることが多い気がします。

あまりじっくり話したことはありませんが、イヤホン趣味を共有していたりします。
一度語り合いたいですね。自分はあまりネタがないですけどw



[anthem]sylph

クラン発足後はほとんどご一緒しませんでしたが、それ以前に良く一緒に遊んだ方です。
特にブーンムービーvol.1撮影会が印象的。

また、SLG系のゲームに付き合ってもらったりもしました。他に遊ぶ人がいないのでありがたかったですね。



poririn

GEENのマスコットキャラ的な存在です。
何にでも積極的に取り組んだり、まわりに合わせたりすることが出来る人です。

これからも一緒に楽しく遊ぶ機会が多いでしょう。ポリポリポリ。



xVOLTSx

アクティブメンバーの中では最後に入隊してくれた方です。
時期的にほとんどBF2をやることが無く、その点申し訳なく思います。

しかしBF2の実力はかなり高い!最盛期のGEENを思わせる攻撃的なスタイルのようです。
他ゲーにも積極的に参加してくれているようなので救われる気分ですね。



=DmP=OTAKU

かの有名な表現集団BMPに所属していたエンターテイナー!
冷静なプレイスタイルで全体をよく見て動く方でした。

イベント時にTSのサーバーを用意してもらったり、GEEN脱退後も色々協力していただきました。
リアルが落ち着いたら活動を再開する模様で、楽しみにしています。




GEENのメンバーには特に感謝の意を表したいと思います。
本当にありがとうございました。また一緒に遊ぼうぜ!
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。