FHSW official dev BLOG
E16A1_top.jpg

零戦ばかりでは空が寂しい?
今回は零戦の影に隠れた主力機と、苦労の末に誕生し、大戦の最後まで戦い続けた2種類の軍用機をお伝えします。



■中島 キ43 一式戦闘機 隼
□Nakajima Ki-43 Hayabusa "Oscar"


Ki43_render.jpg

1937年12月、日本陸軍は同年に制式採用された97式戦闘機の後継に当たる、新型戦闘機の開発をスタートさせます。
キ43の試作名称が与えられた試作機は1938年12月に完成し、試験が行われました。
しかし、97式戦闘機と比較して航続距離は伸びていたものの、旋回性が劣るために採用は見送られ、
エンジンを換装した二型の開発が引き続き進められました。
こうして一旦は不採用となった本機ですが、外交情勢の悪化と他の新型戦闘機の配備状況が考慮され、
試作型をベースとした機体が一式戦闘機 一型として、1941年に制式採用されました。
1941年6月には日中戦争に投入され、開発が継続された二型は1943年1月に二型甲として実戦配備されています。
一式戦闘機の愛称である「隼」は陸軍航空本部によって命名され、国民にも名の通った戦闘機でした。
隼は信頼性が高い事もあり、1945年までに5700機ほどが生産され、様々な戦線で戦い続けました。
また、隼は日本のみならず幅広い国家で戦中・戦後に運用されていた事も特徴の一つであり、
日本が降伏の際に接収された機体が、国共内戦やインドネシア独立戦争、第一次インドシナ戦争に投入されています。

hayabusa_1.jpghayabusa_2.jpghayabusa_3.jpg
hayabusa_4.jpghayabusa_5.jpghayabusa_6.jpg

FHSWの隼は二型甲の後期生産型と二型乙の前期生産型を想定したモデルで、カウリング内の環状滑油冷却機が取り払われているのが特徴です。
武装はホ103 12.7mm機銃を機首に2門搭載した戦闘機型の他に、250kg爆弾を2発搭載した戦闘爆撃機型や、
2式HEATクラスター爆弾を搭載し、対戦車戦に特化した型が登場します。
同時期の零戦と比べると最高速はやや低めですが、空戦フラップによる優れた旋回性能を発揮します。
武装は少し頼りないですが、大戦終盤のマップでは優秀な戦闘爆撃機として活躍する事でしょう。

hayabusa_up_1.jpghayabusa_up_2.jpghayabusa_up_3.jpg



■愛知 水上偵察機 瑞雲
□Aichi E16A1 Zuiun "Paul"


E16A1_render.jpg

1935年より運用が開始された95式水上偵察機の後継として、1937年に開発が始まった12試2座水上偵察機は、
時代に追従すべく日本初の金属製単葉水上機として試作されましたが、操縦性や安定性に問題があり、制式採用される事はありませんでした。
この水上機の設計方針は本機に急降下爆撃能力を持たせ、水上偵察機に爆撃機の役割を担わせるという野心的なもので、
1940年に開発がスタートした14試2座水上偵察機にもこの方針は引き継がれていました。
12試2座水上偵察機の開発から間が空いた事もあり、14試2座水上偵察機に対する要求性能は当然ながら引き上げられ、開発は難航しました。
1941年には16試水上偵察機と名称が変更された本機の試作機は1942年3月に完成し、1943年8月に瑞雲 一一型として制式採用されました。
量産は1944年の2月から開始され、最終的に250機ほどが生産されましたが、同年の夏に2度の空中分解事故を起こしたことから、
ダイブブレーキに改修が加えられます。第634海軍航空隊に配属された瑞雲部隊は、航空戦艦である伊勢、日向の搭載機として訓練を行っていましたが、
双方の艦とは別に、航空隊がフィリピン防衛のためルソン島へ向かいます。
初の実戦は1944年10月から始まったレイテ島の戦いで、その後も沖縄方面の戦いに投入され夜間爆撃等の任務に就いています。
エンジンを金星62型に換装した試作型が1945年に製作されましたが、量産されることなく終戦を迎えました。

zuiun_1.jpgzuiun_2.jpgzuiun_3.jpg
zuiun_4.jpgzuiun_5.jpgzuiun_6.jpg

FHSWでは零式水上観測機に続く、新たな水上機の実装になります。
武装は翼内に99式2号4型 20mm機関砲を2門、後部に2式 13mm旋回機銃を1門搭載し、250kg爆弾を1発吊り下げています。
後部の13mm機銃は射撃時(2番席に乗り込んだ時)に風防が射手から見て左側に半回転する機構も再現されており、
当時の日本海軍のスピードに対する拘りを感じることができます。
また、フロート支柱に取り付けられたダイブブレーキや主翼の空戦フラップも機体の挙動に合わせて動作するので、
外部視点から眺めても充分楽しめる機体に仕上がっています。

zuiun_mg_1.jpgzuiun_mg_2.jpgzuiun_mg_3.jpg

バリエーションとしてカタパルト搭載型と水上型が用意されており、前者ではプライマリキーで機銃とカタパルトの射出、
セカンダリキーで爆弾の投下を行います。カタパルトの操作キーが他の水上機とは逆であることに十分注意しましょう。
爆装機であるため操作ミスは搭乗員と機体、母艦にとって破滅的な結果を招くことになります。
エンジンを金星62型に換装した「瑞雲 仮称一二型」も用意されており、こちらは出力が更に強化されています。
操縦の感触としては水上機と言うよりも軽爆撃機に近く、特に運動性能は抜群です。
時には偵察機として、また時には自由自在に海空を飛び交う水上"爆撃機"として、太平洋を戦い抜きましょう。







スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.