FHSW official dev BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top_pershing.jpg

史実では重戦車の前線配備に消極的であった米軍ですが、ジェット機が空を舞い試作重戦車が地響きを轟かせながら走り回るFHSWの世界では
強力な火力が羨ましくなるというものです。今回は米軍に追加される強力な試作戦車の数々を皆さんに紹介したいと思います!



T23E3中戦車
T23E3 MediumTank


1942年5月、M4シャーマン中戦車の生産が軌道に乗り出すとM4の火力や装甲を上回る次なる中戦車開発がスタートします。
この開発計画によりT20中戦車やT22中戦車といった76.2mm戦車砲を搭載した試作車両が製作されましたが、
その中でもT23中戦車は電気駆動方式を採用しており、良好な機動性能を持っていたと言われています。
この戦車は試作車両としては珍しく200両ほど生産されながらも、駆動方式の信頼性に難がある事から
前線に投入されることなくその生涯を終えることとなりました。

T23E3_ss1.jpgT23E3_ss2.jpgT23E3_ss3.jpg

FHSWではトーションバーサスペンションを採用したT23E3中戦車を再現いたしました!
0.42では北風作戦のみの登場だった本車両ですが、MOD側に正式に組み込まれることとなり性能が一新され、
またテクスチャもオリジナルのものに描き直されています。
特に電気駆動方式が加味される事により機動性が大幅に改善され、今までの鈍足なイメージは払拭される事でしょう。
76.2mm戦車砲搭載型M4中戦車と同等の砲を装備し、戦場を軽快に走り回る姿は敵軍にとっては脅威の一言です!



T26E2重戦車
T26E2 HeavyTank


トーチ作戦により北アフリカに上陸したアメリカ軍は初めてドイツ軍のティーガーI重戦車と遭遇し、
75mmや76.2mm戦車砲よりも更に強力な砲を搭載した戦車の必要性に迫られます。
1943年4月、T23中戦車にM1 90mm高射砲を取り付けた新たな砲塔を装着したモデルが40両ほど生産されてT25重戦車となり、
更にその装甲強化型が10両生産されT26重戦車が誕生しました。
このT26重戦車の発展型であるT26E3重戦車は後にM26パーシング重戦車として制式採用され、
同じM3 90mm戦車砲を搭載したM36ジャクソン自走対戦車砲と共にドイツ軍の重戦車と対峙していくことになります。
このような経緯でM26重戦車のベースとなったT23中戦車ですが、この車両の派生型として105mm榴弾砲を搭載した火力支援型も計画されており、
T26E1重戦車にM4 105mm榴弾砲を搭載できるよう改良を施した車両が今回紹介するT26E2重戦車となります。
搭載される砲に合わせて砲塔の装甲が強化されており、防御面はM26重戦車を上回る性能を誇っています。
この車両はM45重戦車として制式採用され、1945年7月から185両が生産されました。

T26E2_ss1.jpgT26E2_ss2.jpgT26E2_SPP.jpg

強化された装甲を持つ本車両から繰り出される105mm砲弾は、敵の強固な防御陣地を攻撃するにはうってつけと言えそうです。
105mm搭載型M4中戦車と同じくHEAT弾を装填しており、対戦車戦闘においても強力な車両であることは間違いありません。
装甲を活かして必中距離まで接近することも不可能ではないでしょう!



T29重戦車
T29 HeavyTank


T29_render.jpg

ドイツ軍のティーガーI重戦車やパンター中戦車への対処を目的として開発されたM26パーシング重戦車でしたが、
この戦車が戦線に投入される半年ほど前の1944年6月の時点でティーガーII重戦車の出現が確認されており、
この重戦車に対処可能な新型重戦車の開発が1944年9月に始まります。
このような経緯からT5E1 65口径105mm戦車砲を搭載したT29重戦車と、T7 40口径155mm戦車砲を搭載したT30重戦車が設計されました。
T29重戦車の同軸機銃としてはM2ブローニング 12.7mm重機関銃が2丁縦並びに配置されており、
砲塔上部にも対空射撃用にM2を取り付けられるマウントが備え付けられています。
更に車体前面にはM26パーシングと同じくM1919A4 7.62mm機関銃が取り付けられ、前方に対して高い制圧能力を持っています。
T29の試作1号車は1945年4月に発注され、その後追加発注された試作車両の中には主砲をT53 60口径120mm戦車砲に換装したT34重戦車も含まれています。
しかし1945年8月の大戦終結を受け、T29重戦車の開発目的は"戦地に投入される戦車"から実験用の車両としての色合いを強めていく事となります。
最終的に8両製作された試作車両では様々なエンジン、変速機、射撃統制装置等がテストされ、蓄積されたノウハウは戦後の戦車開発に活かされています。

T29_ss1.jpgT29_ss2.jpgT29_ss3.jpg
T29_ss4.jpgT29_ss5.jpgT29_ss6.jpg

長らくスーパーパーシング以上の性能を発揮する重戦車が存在しないアメリカでしたが、米軍重戦車の完成形とも言えるT29重戦車が満を持してFHSWに登場します!
敵戦車を薙ぎ払う105mm戦車砲や、歩兵や軽車両を木端微塵に破壊する2連装の12.7mm同軸機銃等、あらゆる敵に対して凄まじい火力を発揮する事ができるでしょう。
この105mm戦車砲は同時期に同口径の砲が多数開発されたこともあり、性能に関して諸説がありますが、FHSWでは最大230mm程度の貫通力が期待できます。
また、防御面において特筆すべきは最大厚279mmを誇る砲塔の硬さです。これまでのFHSWの装甲設定は装甲の上限が250mmに設定されていましたが、
FHSW0.5では装甲マテリアルが一新され、最大800mmまでの装甲を扱うことができるようになりました。
この砲塔の硬さを活かし、車体を隠した"ダック・イン"状態で戦闘を行えば手痛い反撃を浴びせられる事は無さそうです。


3種類のパーシング兄弟、如何だったでしょうか。
M4中戦車とM26パーシング重戦車の間を埋める2種類の戦車や、スーパーパーシングの後継となる強力な重戦車の追加により、
米軍の機甲戦力に更なる幅を持たせることができたように思います。
0.5では世界各地の誰も見た事のない戦場を、新たな戦友と共に駆け巡りましょう!







スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。