FHSW official dev BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top_tankdrop.jpg

各陣営の末期を彩る秘密兵器の実装が発表される中、初期の戦線は何も変化がない?
今回は戦間期の渦の中に生み出され、活躍の場を見いだせないまま消えていった秘密兵器の数々を皆さんにご紹介しましょう。



まずは独ソ戦序盤の空を舞う複葉機、I-153の登場です!

I-153複葉戦闘機
I-153 Biplane Fighter


I-153_render.jpg

第一次大戦後の1922年に誕生したソビエト連邦は、国内設計機の制作に取り掛かり始めます。
そうした中で1933年に初飛行したTsKB-3はI-15としてソ連空軍に正式採用されました。
I-15は翼を2枚持つ複葉機であり、飛行中も脚を格納しない固定脚方式となっています。
エンジンは775馬力のM-25エンジンを搭載しており、最高速度は同世代の単葉機に及ばないものの、
機動性が優れており、良好な格闘性能を発揮しました。
1934年から部隊配備が始まったこの機体は、スペイン内戦をはじめとする様々な地域での実戦を経験する事となります。
しかしいずれの戦場においても敵機との性能差が露呈する結果となってしまい、ソ連空軍はこのI-15の改良に着手しました。
エンジンを1000馬力のM-62エンジンに積み替え、脚を引き込み脚とすることで性能を大幅に向上し、I-153として生まれ変わったのです。
こうして誕生したI-153は1939年のノモンハン事変や冬戦争、1941年から始まった独ソ戦に身を投じていく事になります。
しかしながらこの時期になると、ロシアの空を飛ぶ新型の単葉戦闘機との性能競争に勝つことはできず、
戦闘機としての立ち位置は後進のMiG-3やYak-1に譲る事となりました。
尚、独ソ戦序盤においてドイツ側に鹵獲された同機体がフィンランド側に譲渡され、継続戦争ではスワスチカのペイントを施した機体が
ソ連機と空戦を繰り広げる場面も見られたようです。

I153_ss1.jpgI153_ss2.jpgI153_ss3.jpg
I153_ss4.jpgI153_ss5.jpgI153_ss6.jpg

インゲームのI-153は史実と同じく良好な格闘性能を誇りますが、速度性能に対しての過度な期待は禁物でしょう。
しかし格闘戦の発生しやすいFHSWでは長所と言えるかもしれません。
I-153は戦闘機としての役目の他に、爆弾を搭載した対地攻撃機としての運用もなされており、
FHSWでは通常のShKAS 7.62mm機銃を4丁装備している型に加えて、
・50kg x4
・250kg x2
・82mm HEロケット x8
・82mm HEATロケット x8
の武装バリエーションが用意されています。
低速域でも安定した機動性を確保できるため、正確な対地攻撃が可能になるでしょう。
FHSWでは初の実装となる引き込み脚式複葉機の優雅な機動性能を是非0.5で体感してみてください!



独ソ戦中盤には姿を消してしまったI-153ですが、中盤以降も活躍できる"幻の複葉機"のニュースもセットでお伝えしましょう!

I-195複葉戦闘機
I-195 Biplane Fighter


I-195_render.jpg

I-195はI-153のエンジンをより強力なものへ換装し、主翼も再設計された"宇宙最強の複葉機"となるはずでした。
しかしながら試作機は完成に至らず、I-195の開発は中止となってしまいます。
I-195に搭載される予定であったM-90エンジンは、当初はI-16戦闘機の発展型であるI-185に搭載されるはずでしたが、
この原型機が完成した1940年5月の時点で唯一入手できたM-90は飛行試験に使えず、他のエンジンを載せた型がいくつか生産されたのみでした。
このM-90エンジンは1750馬力を誇り、I-195に搭載された場合、最高速度は600km/h弱程度であったと言われています。
FHSWで蘇ったI-195はUBS 12.7mm機関銃 x2, ShVAK 20mm機関砲 x2という複葉機としては破格の火力を持っており、
例え爆装型でなくとも地上部隊にとって充分な脅威となるでしょう。
武装バリエーションは、
・250kg x2
・132mm HEロケット x8
・132mm HEATロケット x8
となっています。

I195_ss1.jpgI195_ss2.jpgI195_ss3.jpg
I195_ss4.jpgI195_ss5.jpgI153_I195.jpg

武装、出力性能共に複葉機の常識を打ち砕く仕上がりとなっています!



続いてこちらも初期に誕生し、独ソ戦序盤を支えた陸の秘密兵器を紹介しましょう!

T-40水陸両用戦車
T-40 Amphibious Tank


T-40_render.jpg

ソ連で本格的に量産された初の水陸両用戦車であるT-37やT-38は1939年のノモンハン事変で日本軍と対峙しましたが、
そこで攻撃性能や防御性能の貧弱さが浮き彫りとなってしまいます。
次なる新型水陸両用戦車であったオブイェークト020では装甲を強化し、武装も従来の7.62mm機銃だけでなく、
更に強力な機関砲を搭載する事を計画に盛り込みました。
しかしながら浮航能力を確保するため、重量の増加が著しい機関砲の搭載は見送られてしまいます。
最終的にはDShK重機関銃を改修したDShKT 12.7mm重機関銃と、DT 7.62mm同軸機銃を全周旋回式砲塔に搭載する案が採用され、
1940年にT-40水陸両用戦車として正式採用される事となります。
この戦車は1942年の初期まで量産が続けられ、計485両が生産されました。
また、浮航能力を犠牲にして防御性能を強化したT-40S軽戦車も181両が制作されています。
1941年の独ソ戦で実戦に初投入されますが、ほとんどの車両は初期の戦いで失われてしまいました。

FHSWでもT-40の浮航能力は再現されており、川に前進を阻まれることなく敵陣地へ偵察に出掛けることができます。
2番席に砲撃要請機能が取り付けられているので、素早く味方の砲兵へ目標を指示することも可能です。
しかし装甲は最大でも13mm程度であり、砲弾の直撃に耐えることを期待するのは厳しいでしょう。
乗り心地としては戦車というより装甲車の感触に近いかもしれません。
タンクデサント席を2つ備えているので、敵陣後方へ味方を密かに送り込む車両としても使うことができます。

T40_ss1.jpgT40_ss2.jpgT40_ss3.jpg



T-40 PT-23TB 23mm機関砲搭載型
T-40 with 23mm PT-23TB Tank Gun


DShKT 12.7mm重機関銃を重量増加の問題からやむを得ず選択したT-40ですが、前線からの評価はあまり好評とは言えませんでした。
これを受けたT-40の開発元である第37自動車工場設計局は、この戦車の武装強化案を模索し始めます。
白羽の矢が立ったのは第16特別設計局で歩兵携行用の機関砲として開発されていたPT-23TB 23mm機関砲でした。
しかしこの機関砲をどのように小型の戦車に取り付けるかが課題となり、採用は見送りとなってしまいます。
最終的には航空機用のShVAK 20mm機関砲が搭載され、水上推進機能の廃止されたものがT-30軽戦車として数十両のみ制作されました。

FHSWでは計画案で終わってしまったPT-23TB 23mm機関砲を搭載したバリエーションが追加されることとなりました。
性能としてはドイツの2cmFlakよりも口径がやや大きく、榴弾の威力は若干強化されていますが、
元々は歩兵によって運用される大口径機関砲であるため対装甲威力はそれほどでもありません。
II号戦車が相手であればほぼ互角に、III号戦車やIV号戦車であれば側面に撃ち込むことで損害を与える事ができます。

T40_23mm_ss1.jpgT40_23mm_ss2.jpgT40_23mm_ss3.jpg



次に、これまで紹介した秘密兵器を迅速に前線に展開する新たな試み、ズヴェノプロジェクトについてお伝えしましょう!

ズヴェノプロジェクト
Zveno Project "Vakhmistrov's Flying Circus"



FHSW ver0.5beta "Zveno Project and T-40 Airborne Drop" Preview

ズヴェノプロジェクトは1930年代にソ連で研究された、パラサイト・ファイター構想を元にした計画の1つです。
これは大型の爆撃機等に小型の戦闘機を搭載して離陸し、戦域上空で切り離すことで戦闘機の航続距離を引き延ばしたり、爆撃機編隊の護衛に使おうとしたものでした。
この計画以前にも飛行船から航空機を発進させる実験は各国で行われていましたが、爆撃機で戦闘機を運ぼうとする試みはこの計画が初でした。
1931年6月に労農赤軍航空軍科学試験研究所で実験が開始され、数種類の爆撃機と戦闘機の組み合わせがテストされました。

zvenoProject.jpg

"戦闘機を吊るす爆撃機"と聞くとどうしても現実離れしたイメージがありますが、空中給油や自動操縦の無かった1930年代、
速度の出ない1人乗り複葉機で長距離を飛行するのは燃料タンクの容量的に限界があり、
何よりパイロットに掛かる負担は深刻な問題で、まさに解決の糸口を探っていた最中でした。

FHSWではこの計画をモデルにした機体がいくつか追加されますので紹介しましょう!


TB-3親子攻撃機 I-153搭載型
Zveno Project TB-3 docking with I-153


Zveno-153_render.jpg

TB-3両翼の上下にI-153複葉戦闘機を取り付けたバリエーションです。
実際のズヴェノプロジェクトではTB-3にI-5やI-16を取り付ける実験が行われましたが、FHSWでは新たに追加されるI-153をTB-3に取り付けました。
吊り下げられた飛行機に乗り込むには、まずTB-3の機銃席から脱出し、主翼の上を歩いて近づく必要がありますが、主翼上に不可視の当たり判定があるため、
TB-3側で無理な機動をしない限りは主翼から転落することなく乗り込むことができるでしょう。
また、空中リスポン型も用意されているので、連合軍が飛行場を失った場合の反撃手段としての活躍も期待されます。

このTB-3の周囲には補給範囲が設定されており、投弾後の子機に弾薬を補充することができるので、切り離し後も生き残ることで子機を掩護し続けることができます!
まさに"空飛ぶ母艦"として振る舞うことができるでしょう。

TB-3親子攻撃機 I-195搭載型
Zveno Project TB-3 docking with I-195


Zveno-195_render.jpg

TB-3にI-195複葉戦闘機を取り付けたバリエーションであり、I-153の場合と同じく空中で乗り移る事が可能です。
I-153よりも更に強力な"空の援軍"として制空権の確保や爆撃機の護衛を行うことができます。

ZvenoTB-3_ss1.jpgZvenoTB-3_ss2.jpgZvenoTB-3_ss3.jpg

I-153、I-195いずれのバリエーションでもそれぞれの爆装型およびロケット搭載型、
または両方を搭載するタイプが用意されており、対地支援においても力を発揮するでしょう。
子機を切り離した後のTB-3は通常型と同じく爆弾を搭載しているので、そのまま爆撃に向かうこともできるようになっています。



TB-3軽戦車搭載機 T-40搭載型
TB-3 with T-40 Airborne Drop System


ソ連は戦前から空挺技術を熱心に研究していた国の1つであり、ズヴェノプロジェクトとは別にバイク、トラック、野砲等をぶら下げて空輸する実験を行っていました。
戦車もその例外ではなく、実際に水陸両用戦車を空中投下する実験が行われていたのです。

FHSWに追加されるT-40を搭載したTB-3は、前線に迅速に機甲戦力を送り届ける手段として登場します。
先程紹介した親子攻撃機と同じく、機銃席から一旦降りて、主翼を経由することでT-40に乗り込むことができます。
本来はTB-3が河川の上を低空で飛行しながら切り離して投下しますが、FHSWでは高空から地上に向けて投下しても戦車が砕け散る事はありません。
味方の前線を支援する他に、敵戦線の後方へ空から侵入することも可能でしょう。

TB-3withT-40_ss1.jpgTB-3withT-40_ss2.jpgTB-3withT-40_ss3.jpg






スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。