FHSW official dev BLOG
top_m5a1.jpg

0.5では携行武器のリロードアニメーションが一新されることを過去の記事でお伝えしましたが、まだまだ歩兵からは目が離せません!
今回は大幅に生まれ変わった機関銃と、歩兵を支援する頼もしい戦車達を紹介しましょう!



最初に、大幅に追加されるアメリカ軽戦車ファミリーについてお伝えしたいと思います。
まずはM3軽戦車よりも前の世代にあたる、M2軽戦車の登場です!


M2A1軽戦車
M2A1 Light Tank


M2A1LT_render.jpg

アメリカ初の国産戦車であるT1戦闘車の発展型、T2E1軽戦車が制式採用されM2A1軽戦車となりました。
武装は砲塔に12.7mm重機関銃と7.62mm同軸機銃が配置されており、軽車両や歩兵に対して高い制圧力を持っています。
しかしながら生産は19両に留まり、訓練用の"教習戦車"としてその役目を全うしました。

本来搭載されている車体機銃は1丁のみですが、FHSWではゲーム性を考慮して3丁搭載されているため、
砲塔機銃と併せて射撃することで計5丁の壮絶な弾幕を展開することが可能です。
また最高速度は72km/hを誇り、軽快に戦場を駆け回る楽しさを堪能できます。
車体の装甲は15mm程度であり、敵の野砲に対しては充分な警戒が必要かもしれません。

M2A1_ss1.jpgM2A1_ss2.jpgM2A1_ss3.jpg



M2A4軽戦車
M2A4 Light Tank


M2A4LT_render.jpg

M2A4軽戦車はM2軽戦車シリーズの最終型で、大型化した砲塔に53.5口径37mm対戦車砲を搭載しています。
車体の装甲厚も25mmに強化されており防御性能は向上した一方で、M2A1軽戦車の機動性は重量増加のため失われてしまいました。
火力はM3スチュアート軽戦車とほぼ同等と言えますが、装甲に関しては未だ満足できる水準には至っていません。
計375両が生産され、その一部が初期の太平洋戦線において日本軍と戦闘を繰り広げました。

M2A4_ss1.jpgM2A4_ss2.jpgM2A4_ss3.jpg




続いて、戦争終盤を支えた新型の軽戦車達を紹介しましょう!

M5A1スチュアート軽戦車
M5A1 "Stuart" Light Tank


M5A1LT_render.jpg

FHSWでのM5A1軽戦車は、M3スチュアート軽戦車の強化版として登場します。
搭載砲の性能は変わりませんが、M3軽戦車の携行弾数が123発に対し、M5軽戦車は147発と僅かながら増大しています。
装甲は若干ですが増加しているので、傾斜次第で新砲塔チハの47mm砲弾を弾くことができるでしょう。
また、バリエーションとして土嚢搭載型も用意されており、敵歩兵の放つHEAT弾を高い割合で無効化することができます。



M5A1軽戦車からは、車体を生かした派生型がいくつも作られました。
今回はその中から次の車両が追加されます!

M8スコット自走榴弾砲
M8 HMC "Scott"


M8HMC_render.jpg

FHSWのM8スコットはオープントップを活かした高い索敵能力と、-20~40度の幅広い射角を取れる75mm榴弾砲による
敵歩兵への攻撃能力という2つの長所を併せ持った優秀な自走砲と言えるでしょう。
オープントップ故の敵歩兵に狙撃されやすい短所がありますが、随伴歩兵との連携で互いに支援し合うことでこの車両の真価が発揮されます。
この車両にも土嚢搭載型が用意されているので、敵の対戦車兵にとっては厄介な相手かもしれません。
HEAT弾にも切り替え可能なので、限定的ではありますが敵戦車への攻撃能力も備えています。



M8A1 GMC

M8A1GMC_render.jpg

M8スコットの75mm榴弾砲を、M4シャーマンが装備している37.5口径75mm戦車砲に換装したタイプです。
史実では軽戦車の火力増強のためM5軽戦車に75mm戦車砲を載せたものが試作されましたが、砲塔が小さすぎる問題から量産されることはありませんでした。
この車両は中戦車と同程度の火力を持っていますが、装甲は薄くオープントップであることから、あまり防御性能は期待できないでしょう。
機動力を生かしてすぐさま前線の支援に向かったり、敵戦車の側面に回り込んだりと、ドライバーのスキルが試される戦車と言えるかもしれません。
この車両にも土嚢搭載型が用意されています。



一、敵新型戦車ノ主タル特徴及ビ性能諸元

南方展開中の各部隊より報告された情報によれば、敵軍のスチュアート軽戦車(M3)に良く似ていながらも、やや形状の異なる新型軽戦車が配備された模様である。
また、独逸からの情報にも、新型敵軽戦車に関する情報が含まれている。
この新型軽戦車はM5スチュアートと呼ばれている。現在までに散見されたM3スチュアートの発展系と考えられるが、武装、最大速度はM3スチュアートと大差無く、
エンジンがM3の物と別種であり行動距離がやや増大している他、僅かに装甲が増加していると考えられる。

M5A1_ss1.jpgM5A1_ss2.jpgM5A1_ss3.jpg


さらに、M8スコット自走砲と呼ばれる75mm榴弾砲を装備した個体が存在する。この車両は砲塔の天板が撤去されているため
乗員の殺傷が容易である。但し、軽戦車に準じた機動性を持つため迅速な陣地転換が可能であり、発見後直ちに排除しなければならない。

M8Scott_ss1.jpgM8Scott_ss2.jpgM8Scott_ss3.jpg


また、このM8スコットにさらなる長砲身砲を装備したものが確認されている。
この車両については非常に攻撃力・機動性が高い為、いかに発見し先制し撃破するかが重要である。

M8A1GMC_ss1.jpgM8A1GMC_ss2.jpgM8A1GMC_ss3.jpg


二、出現地域

このM5軽戦車は1942年の年末頃から戦場で確認されており、各方面の主要な戦線に投入されているものと予想される。
また、多くの戦域ではM4シャーマン中戦車が主力戦車に代替されており、M5軽戦車も多くは予備兵力や偵察隊に配備されるであろうと考えられている。


三、対処要領

通常のM5軽戦車はM3軽戦車同様、高初速の対戦車砲によって装甲を貫通し攻撃する必要が有る。
天板の撤去されたM8スコット自走砲並びにそれに準ずる車両については、乗員を殺傷するために爆発物による攻撃が好ましい。




次は歩兵達に欠かすことのできない戦友、機関銃の調整についてお伝えしたいと思います。
文章をお読みいただくよりも、まずはこちらの動画をご覧になってください!

FHSW ver0.5beta "New MG and Laying Down Fire System" Preview



新MG設置キット
New MG deploy kit


これまでの設置式機銃は地面に低姿勢でしか設置できず、使用が難しい地形も多々ありました。
また、設置される位置の見極めが難しく、置こうとした位置よりやや遠くに設置されてしまう状況もありました。
改良された設置キットでは、これまで兵士から3m奥に置かれるよう設定されていた距離が1mに変更されたほか、
3種類の異なる高さの脚を選んで設置できるタイプになりました。

mgkit_ss1.jpgmgkit_ss2.jpgmgkit_ss3.jpg
mgkit_ss4.jpgmgkit_ss5.jpgmgkit_ss6.jpg

1つ目はこれまでと同じく、低姿勢で射撃するための高さの脚を備え付けるものです。
これまでと違う点は、建物の内部にも設置できるようになった点です。

2つ目は中腰と同じ高さの脚を備え付けるもので、こちらも建物の内部に設置することができます。
建物の窓枠や土嚢の高さと相性が良く、安定した射撃が可能ですが、低姿勢時より被弾の可能性は高くなるでしょう。
Sキーを押すことで体を隠すことができます。

3つ目は対空射撃用の脚です。本来の用途である敵機への射撃はもちろんの事、
屋内に設置して見下ろすような射線を取ることもできます。
このタイプもSキーを押すことで体を隠すことが可能です。

神出鬼没な機関銃座は、歩兵たちにとって強力な援護となる一方で、新たな脅威ともなるでしょう。
特に屋内への警戒はこれまで以上に重要になります!

また、戦車やAPCに搭載されている機関銃席でSキーを押すことにより隠れられる機能は、0.5ではほぼ全ての車両に実装されます。
この新要素と関連して、LVT4にも車体機銃、車外増設機銃が追加されることとなりました。
ハリネズミのように進化したLVT4に肉薄するのは困難を極めるでしょう。

lvt4_ss1.jpglvt4_ss2.jpglvt4_ss3.jpg



新依託射撃システム
New Laying Down Fire System


0.42で追加された依託射撃システムは、これまで扱いづらかった軽機関銃や対戦車ライフルの性能を飛躍的に高める効果がありましたが
その一方で依託射撃状態への切り替えがはやく、安易に多用されてしまうというデメリットがありました。
FHSWでは6番まで設定されていた武器スロットを2つ増やし、7, 8番を委託射撃専用のスロットとして使用することになりました。
0.5ではこのスロットに依託状態の武器が配置され、武器を切り替えると自動的に照準が拡大する仕様となっています。
依託状態で安定した射撃をするためには照準が収束するのを待たなければなりません。



新81mm迫撃砲照準器
New 81mm Mortar Sight


これまでの迫撃砲は、砲撃要請が受けられない状況では勘に頼った射撃しか行えませんでした。
しかし0.5では照準器が取り付けられたため、視界を確保できる場面であれば
砲手自らが照準し、着弾を修正することができるようになりました。
なお、この照準器は射程の関係から81mm迫撃砲にのみ取り付けられています。

mortarSight_ss1.jpg






スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.