FHSW official dev BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top_ChurchillHA.jpg

これまでカスタムマップイベントや月例調整パックで限定的に追加されていた車両が、0.5では正式にMOD側に組み込まれることになりました。
しかしながら単なる移植ではなく多少の修正を含みますので、今回は修正される点を中心に紹介しようと思います。



まずは終盤のIFマップを賑わせる戦闘車両に登場してもらいましょう!

IS-3

IS-3_render.jpg

IS-2重戦車の生産が安定し始めた1944年、次なる重戦車開発がスタートします。その内の1つであるオブイェークト703重戦車は
翌年の4月頃まで続いたクビンカ兵器試験場での試験を乗り越え、改良を加えた後にIS-3重戦車として正式採用されることになりました。
量産体制に移り、1945年の5月から部隊配備が始まっていますが、終戦までに僅か29両の完成に留まりました。
IS-3重戦車は実戦に投入されることなく、その姿を公にしたのは1945年のベルリン戦勝パレードでした。

主砲はIS-2重戦車と同じくD-25T戦車砲を搭載していますが、戦後戦車にも通じる低姿勢の車体や
積極的な中空装甲の採用等、かなり先進的な戦車であったことが分かります。

FHSWでは砲塔上面にDShK38機関銃が搭載されており、砲塔の低さを活かして対歩兵戦闘や対空戦闘での射界を広く取ることができます。
しかし砲塔内の体積はIS-2に劣るため、主砲の再装填に掛かる時間はIS-2よりも長くなってしまいます。
再装填の時間を穴埋めするためにも装甲の傾斜を活かした防御や、地形を活用した立ち回りが重要になってきます。
単純にIS-2重戦車の上位互換と考えず、車両に合った乗り方を心掛けましょう。

is3_ss1.jpgis3_ss2.jpgis3_ss3.jpg
is3_ss4.jpgis3_ss5.jpgis3_ss6.jpg

新型戦車と言っても、これまでと同じ武装では心もとない?
このIS-3重戦車には更に強力な武装を持ったタイプも追加されます!


IS-3-D-30

IS-3_D-30_render.jpg

D-30TはもともとIS-2重戦車系列の改造車台に搭載されて試験を行っていた新型122mm戦車砲です。
IS-6重戦車の搭載砲にも選択されていましたが、試作車の試験中に機関の問題による爆発事故が発生したため戦車ともども不採用となってしまいました。
この砲はD-25T戦車砲との換装が容易であり、IS-2への搭載も考えられていました。
IS-3重戦車にもこのD-30Tを搭載する改善案が提出されましたが、D-25T戦車砲と比較してコストが2倍程度になるため見送りとなりました。

FHSWではこの幻となってしまったD-30T戦車砲搭載案を秘密兵器として再現しました。
更に機械式の機力装填補助装置を備えており、これはマガジンを備えるような本格的な自動装填装置ではありませんが、
それでも通常のIS-3に比べて1.5倍ほど優位な発射速度を発揮できます。
D-25Tが43口径なのに対し、D-30Tは48口径ですので威力は若干の強化に留まります。
ISU-122BMの59.5口径BL-9に比べればかなり大人しい威力と言えるでしょう。
1発1発の威力よりも手数を稼いで敵を圧倒する戦い方が望ましいです。

is3d30_ss1.jpgis3d30_ss2.jpgis3_is3d30.jpg

また、0.5からマズルブレーキの有無、口径、初速の違い等で砲弾発射時のエフェクトが変化するようになりました!
先ほどの写真との違いがお分かり頂けるでしょうか?

前回の記事で紹介したマウス超重戦車との相性が気になる所ですが、
純粋なIS-3は弾量効果を除いた貫通でダメージを与えるのはほぼ不可能でしょう。
IS-3-D-30では貫通力が最大180mm程度あるので、マウスの側面に垂直に撃ち込むか後面に撃ち込むことで貫通し、
うまく当てる事ができればマウス全体の1/3程度のダメージを与えることができます!
ただしマウスの128mm砲を弾くことができなければ、ネズミ狩りは無残な結果に終わるでしょう。


この戦車の装填装置は機械式と言っても装填手をアシストする程度のものでしかありませんが、
ドイツには本格的な自動装填装置を備えた車両が追加されます!



ヤークトパンター 連装式装填装置付きPak43/3搭載型
Jagdpanther with Pak43/3 Automatic Loader

主砲の8.8cm Pak43/3に5発マガジン式自動装填装置を取り付けたタイプです。
そもそもこの計画は1944年10月のクンマースドルフでの会議にて噴出した、
「パンターの単位時間当たりの射撃回数が、米軍のシャーマンのそれに比べ少ない」という不満から始まりました。
皆さんご存知の通り、M4シャーマンの備える75mm砲や76.2mm砲とは別次元の威力を誇るパンターの長砲身75mm砲ではありましたが、
実際の戦場では必ずしも敵と1対1でまみえるとは限りません。いかに素早く第2射、第3射を放ち敵にとどめを与え、また別の目標を
連続的に無力化していくかが重要なファクターでした。
こういった経緯から開発が始まったのが「連装式装填装置」付きの8.8cm Pak43/3対戦車砲です。
45年2月に試作装填装置2基が完成し、そのうち1門がヤークトパンターへ搭載されることになりました。
同月中には戦車、自走砲、武装運搬車向けに同様の自動装填装置を装備する必要性が論じられ、
Pak43/3用に試作された機構をベースに8.8cmおよび12.8cm砲向け3~5連発の装填装置の開発を始めることまでは決定されましたが
惜しくもここで終戦となってしまいました。

この装置のおかげで次発発射までの時間が著しく短縮されており、約0.7秒に1発の割合で発射することができますが、
5発撃ち切ると12秒のマガジンへの再装填時間が必要になります。
見た目は他のヤークトパンターと変わらず、油断していると鉄の雨を浴びせられるかもしれません。
通常のヤークトパンター同様、徹甲弾と榴弾を切り替えられるので様々な目標に対処できます。

外見の変化はありませんので、ここでは文章のみでの紹介とさせて頂きます。



続いて、前線の歩兵を支援する頼もしい車両達を紹介します!

S-51

S-51_render.jpg

1942年末、攻勢に出たソ連軍は強固な塹壕や市街地を攻撃するため、強力な火力を持った自走砲の必要に駆られます。
牽引式、自走式を問わず152mm級の火砲では力不足だったのです。ソ連軍はそれまで牽引式のB4 203mm榴弾砲を配備していましたが、
押し上げられていく前線の支援のために追いつくにはスピードが不足していました。
このため、KV-1重戦車の車体にB4榴弾砲を搭載する計画が持ち上がります。
しかし、密閉戦闘室内に砲を配置する設計案では重量が60tを超え、狭所での戦闘能力低下や仰角の不足もあり、
最終的にはオープントップの車体にB4を搭載することになりました。
1943年秋に試作車は完成し、1944年4月にゴロホヴェツ射撃場で試験を行いましたが、
平射時に砲の反動が干渉する事や変速機の問題が浮上し、正式採用には至りませんでした。

FHSWでは間接射撃による支援の他、機動性を活かした直射でも活躍が期待されます。
牽引型とは違い乗員がむき出しにならない設定なので、敵兵の狙撃に悩まされる心配もありません。
ただし車体を除いて装甲はAPC並なので、敵火砲や対戦車兵には注意を払いましょう。

s51_ss1.jpgs51_ss2.jpgs51_ss3.jpg
s51_ss4.jpgs51_ss5.jpgs51_ss6.jpg



パンター 15cm突撃榴弾砲搭載型
15cm StuH43 "Sturm Panther"

パンターG型の砲塔にブルムベアのStuH43突撃榴弾砲を搭載したタイプです。
この車両は1944年6月に設計図のみ完成しましたが、量産には至りませんでした。
位置付けとしてはブルムベアやチャーチルAVREといった歩兵を支援するための工兵戦車が近いでしょう。
通常のKwK42 7.5cm戦車砲よりも精度や連射性能は低下しますが、HEAT弾を利用した強烈な一撃を浴びせることができます。
パンターの機動性を発揮して敵戦車の側面や後面に回り込んだり、陣地攻撃の支援でも活躍出来るでしょう。

sturmpanther_ss1.jpgsturmpanther_ss2.jpgsturmpanther_ss3.jpg



また、イギリスにも歩兵を支援するユニークな車両が追加されます。

チャーチル 増加装甲付
Churchill Increased Armor

チャーチル歩兵戦車に予備履帯等を取り付け、装甲を増加させたモデルです。
車体前方、側面、砲塔の装甲厚が強化されており、チャーチルの派生型であるCS型やチャーチルAVREにも用意されています。
側面は110mm程度まで厚みを増しており、Pak40程度の砲弾であれば無効化することができるでしょう。

churchillHA_ss1.jpgchurchillHA_ss2.jpgchurchillHA_ss3.jpg



ヴァレンタインVIII
Valentine VIII

ヴァレンタインIII型の主砲を6ポンド戦車砲に換装したタイプです。
砲のスペースを確保するため同軸機銃は降ろされてしまいましたが、対戦車能力は強化されています。

valentineVIII_ss1.jpgvalentineVIII_ss2.jpgvalentineVIII_ss3.jpg



最後に、初の登場となる異色のバリエーション、「空飛ぶ戦車」を皆さんに紹介しましょう!

ヴァレンタインVIII GAP Jumping Tank

悪路や塹壕等の障害物を乗り越えるため、ヴァレンタイン戦車の車体側面にそれぞれ飛翔用ロケットを4本ずつ、計8本を取り付けたタイプです。
実際に車両が試作されテストが行われましたが、実戦では使用されませんでした。
FHSWではヴァレンタインVIII型にこのロケットを搭載したものを再現しました。
ロケット操作用の席に移り、セカンダリキーをクリックしつつW,S,A,Dキーを押すことで前後左右に、キーを押さないことで垂直に"飛ぶ"ことができます。
ロケットには燃料と過熱ゲージが設定されており、距離約20m、高さ約5m程のジャンプが可能となっています。
塹壕や小型の障害物であれば簡単に飛び越えることができるでしょう。
しかし平らでない地形で使用したり、着地に失敗すると横転し、車両が爆発してしまう危険性があります。
操縦は大変難しいですが、習熟すれば屋根に飛び乗ったり、敵の攻撃を避けたり、ドライバーと連携して敵戦車にトップアタックをお見舞いすることができるかもしれません。
工夫次第で戦術の幅を広げることができるでしょう。

gapValentine_ss1.jpggapValentine_ss2.jpggapValentine_ss3.jpg
gapValentine_ss4.jpggapValentine_ss5.jpggapValentine_ss6.jpg








スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。