FHSW official dev BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

maus_top.jpg

世界全国の秘密兵器ファンの皆様お待たせしました!
今回は秘密兵器の王様、ドイツのマウス超重戦車を紹介したいと思います!



maus_render.jpg

ドイツの生み出したこの超重戦車は「秘密兵器」というキーワードで思い浮かべられる最もポピュラーな兵器の1つと言えるでしょう。

史実では、独ソ開戦から半年が経過した1941年11月29日、ヒトラーはポルシェ博士に超重戦車の開発を打診しました。
それから紆余曲折を経て開発は進みましたが、終戦までに2つの試作車両が制作されるに留まりました。
一説によれば、終戦直前の1945年5月、クンマースドルフ車両試験場で武装を整えていた試作2号車は迫りくるソ連軍との戦闘に備えるため、
ツォッセン市内のシュタンプラー広場まで移動しましたが、その地点で機械的な故障が生じ、乗員により爆破処分されました。
車両試験場に残されていた試作1号車はソ連軍により鹵獲され、処分された試作2号車の生き残っていたパーツと
組み合わせることでマウスを復元し、1946年にソ連領内のクビンカ試験場で性能試験を行いました。
現在では博物館となっているクビンカで、この残された1両が展示されています。

なお、今回実装されたモデルはMr_J氏により作成されFHSW MODに提供されたもので、FHSWではさらに若干のテクスチャ変更を加えております。Mr_Jに最大限の感謝を!
This model was made by Mr_J, and he had offered it to us in dozens months ago, then re-textured by FHSWman. We are extremely grateful to Mr_J!!


maus_ss1.jpgmaus_ss2.jpgmaus_ss3.jpg
maus_ss4.jpgmaus_ss5.jpgmaus_ss6.jpg

※スクリーンショットは開発中のものであり、リリース版と一部異なる場合があります。
This screenshot is work in progress. Its texture and some other part may be changed.


続いて、ゲーム内での性能をご紹介しましょう!

マウスを実装するうえで、複数の武装をどのように配置するかという課題がありましたが、
FHSWでは次のような順で座席に配備される事になりました。

1番 - プライマリ:12.8cm KwK44, セカンダリ:7.5cm KwK44
2番 - 7.92mm MG34
3番 - 近接防御兵器, 砲撃要請
4番 - ピストルポート

5番以降はデサント席になっており、マウス後部に搭載されている燃料タンクに上がることができます。
順に武装の詳細を紹介していきたいと思います!

- 12.8cm KwK44

maus_weapon1.jpg

おなじみJTことヤークトティーガーの主砲や、先日実装がアナウンスされた重加農砲である12.8cm K81/2と同等の大砲が、マウスの主砲として搭載されています。
この戦車の持つ200mm級の装甲と相まって、敵車両を一切寄せ付けない強靭な要塞として活動できるでしょう。
標準では68発の砲弾を搭載してあります。

- 7.5cm KwK44

maus_weapon2.jpg

副砲としてIII号戦車N型の主砲を延長した砲が搭載されています。この砲は、機関室が発砲炎を吸い込んでしまう問題から若干砲身を延長し、新調されたものです。
位置付けとしてはドライバー席の副武装にあたりますが、装填されるHEAT弾(SPGR Gr.38 HL/C)の爆発範囲や殺傷能力から考えますと、
格下の戦車や歩兵相手には充分過ぎる威力を誇っています。
再装填の早さも軽快で気軽に発射できるので、主砲の装填時間の繋ぎとしても活躍が期待されます。
標準では200発の砲弾を搭載してあります。

- 7.92mm MG34

maus_weapon3.jpg

主砲脇に同軸機関銃を備えており、敵兵や軽車両を釘付けにできます。
史実では防盾内のスペースを12.8cm砲と7.5cm砲に取られてしまったため、取り付け位置を変えざるを得ませんでしたが、
れっきとした主砲同軸機銃で射撃操作も砲手が行います。
FHSWでは1座席で使用できる武器が2つまでという制限を考慮して席を分けざるをえなかったため、わずかに左右にも可動する設定になっています。
しかしながら、基本的には機関銃を意識して砲塔を旋回させるか、自ら素早く席を切り替えて使い分ける必要がありそうです。
ドライバーと連携し、目標に対して柔軟に対処しましょう。

-近接防御兵器

maus_weapon4.jpg

他のドイツ戦車と同様、対人榴弾射出機を砲塔上面に装備しており、肉薄して破壊を目論む敵兵に致命傷を負わせる事ができます。
また、砲撃を要請する事も可能なので、味方砲兵の目となり安全に着弾を観測することもできます。

-ピストルポート

maus_weapon5.jpg

砲塔後部と左右側面にはピストルポートが設けられており、乗員の携行しているMP40短機関銃で掃射が行えます。
A, Dキーで素早くポートを切り替えられるので、死角である左右後方を1人で警戒することができます。



次に、その他の性能についてお伝えします!

- 防御性能
装甲は砲塔、車体共に非常に固く、砲弾の貫通によるダメージはあまり期待出来ません。
地上の火砲で倒すならば、口径100mm以下の火砲では貫通はまず不可能だと思った方が良いでしょう。
そのサイズを超える大口径の砲弾を直撃させ、弾量効果でじわじわと削る方法を取るのが確実と言えそうです。
また、歩兵用の携行対戦車火器でダメージを与えることは、上面を除いてほぼ絶望的でしょう。
これまでの戦車であれば、勇敢な対戦車兵が車体をよじ登り、上面に決死の一撃をお見舞いする攻撃法が有効でしたが、
2mを超えるマウスをよじ登るのは不可能なので、周りの地形を生かしたトップアタックを狙ってみましょう。
残された対抗手段である空からの攻撃は一見有効そうではありますが、弱点と言えそうな砲塔、車体上面の装甲は60mmなので、
爆弾やロケットの直撃でなければ致命傷を与えることは難しそうです。
この戦車を相手として戦うときに忘れてはならない事は、至近に弾をばら撒くのではなく直撃させることです。
至近弾の爆風程度では傷を付ける事すらできないでしょう。

防御に関しては欠点の無さそうなマウスですが、気を付けないといけない点が1つあります。
車体が巨大すぎるため、軽戦車等の低姿勢の車両で足元に接近されると攻撃できなくなってしまうという点です。

maus_ss7.jpg

- 機動性能
マウスの機関にはエンジン、発電機、モーターを組み合わせたシリーズハイブリッド形式が用いられており、この超重戦車を駆動させています。
これは昨今のエコロジー云々とは一切無関係なところ、すなわち1945年の当時に188トンもの車体を扱いきれる機械式変速機は存在し得なかったため選択された方法です。
ドイツはこのシステムについては重駆逐戦車フェルジナント/エレファントにて運用の経験を得ており、当時でも決して突飛な先進技術ではありませんでした。
最高速度は20km/h程度ですが、電動モーターの特性によりモーターの回り始めからトルクが発揮できるので、瞬発力は意外にも悪くありません。
ただし一度動き出した巨体には慣性が掛かり、車体を停止させるためにも多少の時間を要するので、停止したい位置の手前からブレーキをかける事を心掛けましょう。
むしろ操縦において最大の問題は挙動より巨体の車幅感覚でしょう。
操作性に多少難のある戦車ではありますが、逆にその重量を活かした攻撃法も可能となっています。
M4中戦車程度が相手であれば、あくまで最後の手段ではありますが体当たりで致命的なダメージを与えることができます。

maus_wreck.jpg

史実では1発も砲火を交えることなく息途絶えてしまったネズミを、是非皆さんの手で暴れさせてください!







スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。