FHSW official dev BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Header_20110825230521.jpg

今回はニュースの前に、我々が得た新たな友人について紹介したいと思います。私たちはこの度、[Forgotten Hope Secret Weapon] Community Europeと公式にパートナーシップを結ぶこととなりました。彼らはFHSWの常設サーバを運営している他、不定期にキャンペーンイベントも開催しています。またMODファイルのミラーも行っており、これらは日本国内のプレイヤーであってももちろん利用可能です。我らの新たな友に挨拶を!

Before news for new contents, We introduces our new friend! We made official partnership with [Forgotten Hope Secret Weapon] Community Europe. They runs permanent FHSW server, holding FHSW campaign, and provides MOD files download millor. Greetings for our new friends!


それではニュースを。
敵軍の戦車は次々に強化されていくのに、対戦車砲兵はずっとそのまま? ご安心を。盾と矛のアンバランスも今日まで、我々は新たな力を手に入れます。今回はFHSW0.5における強力な火砲支援をまとめて紹介しましょう!

Now, about new contents.
While growing enemy tanks, our Anti-tank guns still no change? Set your mind at ease. Unbalanced spear and shield relation was over, and you will get new powers. Now we introduces new powerful artillery for FHSW 0.5!

1930年代初頭、ソ連軍軍団砲兵は帝政ロシアの白軍より引き継いだM1910 107mm加農砲を装備していました。この火砲はフランス・シュナイダー社製の開発によるもので、箱型砲架を採用することで射程距離を延ばすなど、採用当時としてはまずまずの性能をもっていましたが、30年代ともなると流石に旧式化が目立ち始めていました。特に、当時のソ連軍は機動戦理論の実現に向けて機械化を推し進めていたことから、自動車牽引可能な運動性、並びに長射程・広射角による火力に機動性は軍団火砲においても必要不可欠です。M1910榴弾砲に対してもそれらの要求は当然及び、1930年には近代化改修が試みられましたが、小手先の手法で要求を満たすことは出来ないのは明らかでした。

In early 1930's, Red army corps artillery had equipped M1910 107 mm Cannon. This gun developed by French Schneider, was good performance at 1910's, but it was already out of date in 1930's. At this time, Red army aims to Maneuver warfare, so motorized long range artillery was absolutely imperative. Some modernization program had been applied to M1910, but it was insufficiency.


M1910加農砲の改良以前、革命後のロシア内戦においてソ連軍は120mm艦砲を搭載した装甲砲艇を運用しており、その威力の高さをよく認識していました。この経験と、M1910加農砲の能力に不満を持っていたことから、1927年、ソ連軍砲兵局は軍団砲兵用の新型火砲として122mm加農砲を新開発することを決定しました。当時のソ連軍の装備する火砲はほとんどが白軍から引き継いだものであり、独自に火砲を開発した経験はなかったことから、開発はゆっくりと慎重に進められました。最初の設計は1928年に完了し、1929年には試作が承認され、そして最初の試験が行われたのは1931年10月です。この試験では砲身やマズルブレーキに不具合が認められたことから第38工場に送られてさらなる改良が行われ、1933年、ようやく122mm A-19の番号が与えられました。しかしこの時点いおいてもまだ正式採用は行われず、1935年まで試験と改良が繰り返されたのです。そして1936年3月、遂にソ連軍軍団砲兵向けの加農砲として正式採用されました。開始から実に8年5か月が経過しており、開発の慎重さが伺われます。この後には仰角を拡大する改良が行われ、A-19 M1931/37としてソ連軍砲兵火力の中核を担うこととなりました。

Before modernization of M1910, at Russina civil war, Red army noticed the power of 120 mm river gun boat. From this experience and displeasure with M1910, Red army decided to develop a new 122 mm cannon for corps artillery. At this time, almost all artillery of red army had taken from white army. Its development was very slow and careful because they never developed new artillery. First design was completed in 1928, and prototype development was accepted in 1929, First test was in October 1931. In this test, some failure has found in muzzle break and barrels, and send back to No.38 factory and modified, then in 1933, the gun was accepted as 122 mm A-19 at last. But its development still continued till 1935. In March 1936, the gun was accepted for Red army corps artillery as A-19 122 mm M1931. The development took 8 years and 5 months, it is reflection of guardedness. In later, it was modified to extend elevation angle, and named M1931/37.


A-19は長射程の軍団砲兵用として開発されたことから初速が高く、直接照準による対戦車戦闘においても非常に強力でありました。特に1941年のモスクワ前面においてはドイツ軍の攻勢を挫く一助となった他、1943年より出現し始めた強力な独軍新型戦車群に対しても依然効果的で、ソ連軍最後の頼みとして大破局を防ぐ支えとなりました。

Because A-19 was developed as long range corps artillery, its muzzle velocity was enough high for anti-tank role. In 1941, this artillery helps to burn down german offensive in front of Moscow, And In 1943, it was effective against powerful German new tanks, and helped to averting a catastrophe as Red army's last hope.
A-19+K390.jpgA-19_1.jpgA-19_2.jpg



M1931の砲架は自動車による高速牽引が可能で、また射角も広いことから、陣地転換の頻度が少なく重量が問題になりにくい長射程火砲むけ砲架としては非常に優秀なものでした。そこで、この砲架を他の火砲にも用いる事が計画されます。特にM1910 107mm加農砲と同様に機動力・運動性不足が顕著であったM1910/30 152mm榴弾砲は、旧式火砲ベースでありながら砲身延長による大射程を備えており、M1931砲架との組み合わせに好適でした。特に改良型の高い仰角砲架と152mm砲身を組み合わせたものはML-20 M1937榴弾砲として採用され、A-19に次ぐ長射程を活かした対砲兵戦だけでなく、強固な目標や戦車に対する直接照準射撃でも威力を発揮しました。後にはこの任務に特化したソ連軍独自の直射砲兵として、SU-152やISUシリーズといった一連の突撃砲にも搭載され、大活躍を見せることになります。

The carriage of M1931 was very good for heavy artillery, because it can towed with high speed by automobile and its horizonal traverse was wider. Naturally、 there was plan to applying this carriage to another artillery. M1910/30 152 mm Howitzer was especially good for this plan because its range was quite long so barrel was extended from old howitzer. The combination of Modified M1937 carriage and 152 mm barrel was accepted as 152 mm ML-20 Howitzer, was used not only counter battery by its long range second to A-19, but also put on direct firing missions against tanks and heavy fortifications and greatly succeeded. In later years, this gun was applied to SU/ISU series heavy assault guns as Red army direct firing artillery.
ML-20+K433.jpgML-20_1.jpgML-20_2_20110825233045.jpg



これら2つの火砲はどちらも大変優秀なものでしたが、自走車牽引が可能であるとは言え大重量故に機動戦においては遅れがちで、特に1941年の独ソ戦初頭においては多数の火砲が取り残され、ドイツ軍に鹵獲されてしまいます。これらを鹵獲したドイツ軍もその優秀性にすぐさま気付き、A-19には12.2cm K390、ML-20には15.2cm K433の鹵獲番号を与え、自ら専用の砲弾を生産してまで活用を始めます。また、砲架そのものの優秀性も独軍の認めるところであり、独軍最強の対戦車砲である55口径12.8cm砲を搭載し、加農・対戦車両用砲の12.8cm K81/2として採用されています。

These two artillery was both quite good, but bit heavy though they can be towed by automobil, and many gun were captured By German forces because their mobility was not so great. Germans noticed these gun's fabulous quickly, and give capture weapon number, 12.2 cm K390 to A-19, and 15.2 cm K433 to ML-20, even had produced ammunitions for these guns and used. Also carriage was used for German guns, the 12.8 cm L/55 PaK44, then developed Anti-tank / Field cannon 12.8 cm K81/2.
K81.jpgK81_1.jpgK81_2.jpg


FHSWではBattlegroup42 MOD からこの火砲の提供を受け、さらに独自の新しいテクスチャを適用しました.インゲームにおけるA-19シリーズとその兄弟火砲については、マップサイズが限られている関係から、これら火砲が持つの絶大な長射程の優位性はあまり目立ちません。しかし高初速と大きな旋回角を持つため、極めて優秀な対戦車火力となり得ます。また、弾道経過時間が短いことから、間接照準射撃においても素早い修正射が可能となり、有効弾を迅速に送り込むことができます。総じて見れば、B-4のような超重砲に比べるとパンチ力こそは劣りますが、それを補って有り余る汎用性と扱い易さを備えており、重砲と言うよりは強力な対戦車砲とでも言うべき立ち位置の火砲となります。

In FHSW, We traded this gun from Battlegroup42 MOD, and have applied new unique texture. In-game performance of A-19 and comrades, they can be act as super anti-tank guns. Despite their maximum range too long for battlefield maps, it means short trajectory time, and it is good for quick adjustment fire in indirect firing. Overall, they are less powerd than super heavy artillerys like B-4, but easy handled like current anti-tank guns.



今回はこれらの重砲に加えて、さらにもう一種類の火砲がソ連軍に追加されます。長らく空席のままであったソ連軍重対空火網を埋める砲、52-K 85mm高射砲です。この火砲は1939年に採用されたソ連軍の主力対空火器で、ドイツ軍の有名な88mm高射砲と同様に対戦車戦闘にも供されました。

This time, another one artillery is added for Red army. The 52-K 85 mm AA Gun, which fills a void of Red army air defence. This gun was accepted in 1939 and become main air defence of Red army, and also used for anti-tank role similar to famous German 88 mm Flak.
85.jpg85AA_1.jpg85AA_2.jpg


ゲーム中における85mm対空砲は、今までソ連軍が欠いていた中長距離防空手段として役立つだけでなく、A-19シリーズと同様に早い時期から使用できる強力な対戦車砲でもあります。相対的に小口径であるため貫通力及び威力は若干劣りますが、対空砲ゆえの全周旋回能力と軽快な操作性により、手頃で扱い易い対戦車火力として仕上がっています。

85 mm AA in game may fits to Red army high altitude air defence which was lacked before. And it is also good anti-tank guns from early wartime like A-19. its caliber is relatively small and its effect is not too great, but 360 highspeed rotating makes this gun easy.



さらに、今回はもう一つの火砲を紹介します。試製大威力十糎加農です。これはもとを辿れば1930年の設計になる試製十糎陣地高射砲に行き着くもので、この高射砲は65口径もの長砲身と半自動装填装置を備えるなど、極めて先進的な火砲でしたが、最終的に採用されることは無く、その砲身は九六式十五糎榴弾砲の砲架に搭載されて新型加農砲のとして試験されました。元が高射砲であるだけに高初速で、射程は優に2万メートルを超えていました。試製大威力十糎加農は九六式十五糎榴弾砲の採用とさほど変わらない時期に完成しましたが、その後は表舞台から一旦姿を消してしまいます。再び姿を現すのは1943年、強力な敵戦車に対しての対戦車砲の要求からでした。本砲の高初速に由来する大貫通力が求められたのです。

Additionally, we will introduce one more artillery. The Experimantal High-Power 10 cm Cannon. The root of this gun is 1930's Experimental fixed 10 cm AA gun, which had 65 caliber barrell and semi automatic loading machine, and abandoned. Tha AA gun barrel was attached to Type 96 15 cm Howitzer as new field cannon and tested. Because it was high velocity AA gun, its maximum range was quite long, more than 20 km. The cannon was completed at almost same time to Type 96 15 cm Howitzer, but it abandoned once .It comes back in 1943, by requirement of powerful anti tank guns against Allied new heavy tanks. Higher penetration of this gun was required.
10K.jpg10K_1.jpg10K_2.jpg


この火砲は試製十糎対戦車砲の元となっただけあり、ゲーム中においても申し分のない対戦車能力を持っています。この砲は傾斜装甲を備えた中戦車に対しても確実な打撃を与えることが出来るばかりか、まだ見ぬ連合軍の新型重戦車を相手にしてさえ十分に余裕のある貫通力を持っています。もちろん間接照準射撃能力も極めて優秀です。破壊効果こそ九六式十五糎榴弾砲に劣りますが、精度と弾着修正の容易さ、若干高い発射速度が相まって、素早く的確に致命的な一撃を撃ちこむことが出来ます。

Because this gun was development source of 10 cm anti tank gun. also in-game anti tank performance is quite dramatically. It might effective against not only slope armored medium tanks, but also upcoming new Allied heavy tanks. Also indirect firing performance is quite good by its velocity and accuracy. Its destruction performance might weaker than Type 96 15 cm Howitzer, it can be easily adjusted falling point.


さて、今回は新たな友人、そして新たな火砲について紹介しましたが、FHSW0.5に向けてはまだいくつかの追加要素が残っています。どうぞお楽しみに!

This time We introduced new artillery and friends. But FHSW 0.5 carries more new contents! Wait till FHSW 0.5!
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。