FHSW official dev BLOG
Ho-Chi_Rend.jpg

待望の“ロタ砲”すら弾き返す重戦車、遠距離から降り注ぐ重砲弾……
歩兵用対戦車火器は確かに頼もしい物ですが、こと攻勢時や距離をとっての持久戦は苦手です。
今回はそんな状況を打ち破ってくれるデカイ奴の登場です。

Heavy tank which bounces even "Ro-Ta-Ho". Shower of heavy artillery shell...
Although infantry anti tank weapons are useful, they are not good at offence or distant holding action.
Now we introduce a "big guy" who can break through such situations.



日本陸軍の対戦車装備が不足していたことは今更紹介するまでもない周知の事実ですが、
彼らもただ腕をこまねいていたわけではなく、高性能の47mm砲を搭載した新砲塔チハを始めとして、一連の75mm砲戦車シリーズ等の様々な対策を検討してきました。
これらによって、これまで打つ手無しであったアメリカのM4中戦車に対してもある程度の抵抗が可能となったのですが、
いずれは再び盾が勝るようになることは予想するまでもない確実な未来でありました。

It is not secret that Japanese army lacked good anti tank equipments. They not only fold their arms but struggled.
The development of 47mm new turret Chi-ha and a series of 75mm gun tanks enabled resistance against M4 Sherman tanks.
It was clear that their enemy will bring new "shield".


ところで、1944年の時点で、日本軍はアメリカの新型重戦車計画を察知していました。
その新型戦車は「M1重戦車」と呼ばれ、前面150mm、側面76mmの装甲で固められ、76mm以上の火砲を備えたものとして認識されていました。
これはT1重戦車とM26重戦車の誤認・混同が含まれていたのですが、日本軍にとって脅威であることには違いありません。
また、ソビエトの強力な重戦車についての情報もドイツ経由で入手していました。
これら新型重戦車への対策は死活問題であり、強力な対戦車火力が求められていたのです。

In 1944, Japanese intelligence service detected American new heavy tank project.
The project was known as"M1 heavy tank". It has 150mm frontal armor and 76mm side armor, and the gun was bigger than 3 inch. Although it was confused M26 with M6, that was urgent threat for Japanese army.
And Russian heavy tank's information was also brought from Germany.
A countermeasure against these new heavy tanks was life and death issue and powerful anti-tank firepower was required.



強力な自走火力への要求が高まっていた背景には、これ以外にももう一つの動機がありました。

There were another requisition for powerful self-propelled firepower.


いつの時代でも、軍隊はより大きな火力と、その火力を投入可能にする機動力とを求めていました。
日本軍も90式野砲や96式榴弾砲など自動車牽引可能な火砲を整備してきましたが、
火砲の究極形態は火砲そのものの自走化、すなわち自走砲であることは明確でした。

In every age, army requires more firepower and mobility, which brings firepower to battlefield.
Also Japanese army developed motorized artillery like Type 90 field gun and Type 96 howitzer.
It is clear that supreme artillery is motorizing artillery itself, a self-propelled artillery.


自走砲の利点は大きく分けて2つあります。一つは、火砲自体の移動能力が高まることで、より素早く火力を発揮できる点です。
どんなに強力な火力でも、それが戦場に存在しなければ発揮されません。機動力の高さは、火砲が戦闘に参与できる可能性を高めます。

Self-propelled artillery have two major advantages. First, improvement of artillery mobility bring firepower rapidly.
However powerful the firepower is, it can't fight if the gun was not in battlefield. Higher mobility means bigger chance to join a battle.


もう一つは、生存性の向上です。
火砲は発射すれば必ず大きな発砲音が発生しますし、近距離であれば閃光も見ることが出来ます。
それらによって位置を特定された火砲は、敵にとっては最優先で潰すべき目標です。
手持ちの火砲から航空支援、果ては特殊部隊までを投入してまでの破壊が試みられます。

The second advantage is survivability.
Firing gun makes loud sound and glaring flash. By observing these appearance, artillery positions can be detected.
Once these positions was detected, enemy tries all method to destroy artillery, like counter-battery, air support and even special forces.


日本軍はこの2点について、理論と実戦双方においてよく理解していました。
失敗例としては、ほんの数門の加農砲をアメリカの一個軍団砲兵全てで叩き潰されたことがありましたし、
トラック搭載山砲による機動対戦車戦闘に成功した経験もありました。

Japanese army knows well these two points by both doctrine and action.
At a case of failure, they got counter-battery from all guns of a American corps artillery for only three guns.
As successful example, they won a mobile anti-tank fighting in Philippines by using mountain gun which mounted on truck.



大威力対戦車砲の必要性と、火砲の自走化への要求。それら二つの切実な理由から生まれたのが試製五式十五糎自走砲「ホチ」です。
この車両はあまり情報が知られていないものですが、凡そ1944年前後に生産計画がまとめられ、翌年より生産が開始される予定でした。

The demand of powerful anti-tank firepower and requisition of motorized artillery, these two motives made this vehicle.
Type 5 Enperimental self-propelled Gun "Ho-Chi".
This vehicle is not well known, but it is clear that the project was started in 1944 and the production scheduled in next year.

Ho-Chi_Rend.jpg

車台としては、状来の九七式中戦車車体が改造されて用いられました。
当時既に九七式中戦車は旧式化しており、生産は既に三式中戦車に切り替わっていましたので
ホチの車台も新たに生産されたものではなく、四式十五糎自走砲と同様に余剰の車台が用いられたと考えられます。
九七式中戦車は当時既に戦車としての立場を失いつつあったことも考慮すれば、合理的な選択と言えるでしょう。

It uses Type 97 medium tank's hull.
Type 97 tank was already out of date in these days and main production was shifted to Type 3 medium tank.
So Ho-Chi's hull must be not newly produced but surplus one, like Type 4 "Ho-Ro".
Because Type 97 tanks were out of date in these days, this selection was reasonable.

Ho-Chi3.jpgHo-Chi1.jpgHo-Chi2.jpg

本車はこれまで開発された日本軍自走砲と同様に、固定戦闘室形式でまとめ上げられています。
ただし、オープントップ形式では敵火砲の曳火射撃に脆弱であることから、戦闘室上面にも装甲天蓋が装着されていました。
操砲と砲弾装填の都合から、背面についてはやむを得ず開放形式となっています。
装甲厚については九七式中戦車と同程度であると推測しました。

This vehicle was fixed turret style, which is similar to other Japanese self-propelled artillery.
Because open top style is weak against air burst artillery, Ho-Chi had armored ceiling.
Back of superstructure is opened for reloading and gun operating.
The armor thickness is assumed same as Chi-ha.


肝となる火砲には、大火力でありながら重量故に機動力が不足しがちであった九六式十五糎榴弾砲が用いられました。
ただし、本砲は小柄な九七式中戦車車体に対して少し過大なであったため、
後座長が短縮され、さらに旋回角・仰俯角ともに若干縮小されていました。
肝心の攻撃力については九六式十五糎榴弾砲そのままであり、15cm級火砲に相応しい榴弾威力範囲を備えています。
対装甲効果に関しては、九六式十五糎榴弾砲は同級火砲と比べて若干軽量構造であることから、
貫通能力自体は特段高いものではありませんが、大きな砲弾重量による破壊効果だけでも十分な効力が期待できます。
また本砲は四年式十五糎榴弾砲の砲弾も使用することが出来たため、装甲貫通力150mmの成形炸薬弾を発射することも可能です。

Its armament was Type 96 15cm howitzer, which sometimes lacks mobility because of own weight.
But this gun was a bit too big for little Type 97 tank.
So the recoiling length, traverse range and elevation angle were reduced.
Its firepower is same as Type 96 Howitzer, so it has bigger blasting radius.
In anti-tank use, because Type 96 was a bit short as 15 cm class gun, its penetration capability is not legendary.
But its heavier shell makes internal armor flaking effect.
This gun can use also 4th year type 15 cm howitzer's shell, including H.E.A.T. shell which can penetrate 150mm armor.

Ho-Chi4.jpgHo-Chi5.jpgHo-Chi6.jpg



また、今回の五式十五糎自走砲の実装に合わせて、九七式中戦車系列車両のモデルとテクスチャが改善されました。
延長されたフェンダーと一段下がった排気管周り等、特に一式中戦車以降の特徴が再現されています。

Also we improved Type 97 series textures and models.
Type1 series's lengthened front fender and stepped exhaust fender were correctly modelled.


さらに、FHSWの次期バージョンでは、一部の戦車のレンダー設定に鏡面反射効果が適用されます。
金属らしいギラっとした質感に注目!

In next version of FHSW, specular effect is applied to some vehicles.
Don't miss its dazzling armor!

Chi-nu1.jpgChi-nu2.jpgChi-nu3.jpg
Wreck1.jpgWreck2.jpgWreck3.jpg

スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.