FHSW official dev BLOG
MMP1009.jpg


本日は月例マップ調整パックの9月分を公開致します。

今回はそれほど大きな変更点はありませんが、カスタムマップ祭りより1つの新マップが実装されます。
記事の最下部に変更点のリストを付けましたので、詳細はそちらを参照してください。



ダウンロードURLは以下になります。

クライアントパッケージ(Client)
MD5:17c305c2eb1229091db0c48023d029c5

VOLT Online様
http://up.vol.to/bf/download/1284125666.rar

PrinceUmeboshi.jpn様
Website (http://princeumeboshi.servegame.com)のDownloadより


サーバーパッケージ(Server)
MD5:704151af0156ddce0fd45edf2fb486dd

VOLT Online様
http://up.vol.to/bf/download/1284126116.rar

PrinceUmeboshi.jpn様
Website (http://princeumeboshi.servegame.com)のDownloadより



導入の際の注意点として、カスタムテクスチャパックなどの外部アドオンを使用している場合、
月例マップ調整パック導入済みのサーバに接続できなくなる可能性があります。
そのような場合は、カスタムテクスチャパック内のマップファイルを削除してください。
特に以下のマップでは、問題を生じる可能性が非常に高いと予想されます。
Eastern_Blitz-1939
El_Alamein
Kasserine_Pass-1943
Kharkov_Winter-1941
Desert_Rose-1942

導入時の混乱を防ぐため、月例マップ調整パックは公開翌日以降からサーバへの適用を行なってください。
尚、PrinceUmeboshi.jpnサーバでは、9月11日夕方より適用の予定とのことです。



以下は今月のマップ調整パックの変更点リストになります。
ダウンロード中の暇つぶしにでもご一読ください。



+追加点
*変更点

マップ関連
(マップ関連の変更は非常に数が多いため、一部のみが記述してあります)
+the_merville_battery
カスタムマップ祭の仕様からマップが拡張され、グライダー湧き時間増加、上陸部隊の強化、パラシュート空挺がkit追加されています。
また、駆逐艦の弾道調整が調整されており、 英軍に小隊長が追加されているので、効果的な砲撃支援が可能です。
滑走路上に敷いてある鉄板は戦闘機の補給ポイントです。事故を起こさないように安全運転を心がけましょう
*Battle_at_River_Don
新たな旗が追加されました。
*Battle_of_Bougainville
一式陸上攻撃機に800kg爆弾搭載型の機体が追加されました。
*Battle_of_Off_Malay
一式陸上攻撃機のうち1機に連化合軍兵士が搭乗できてしまう問題が修正されました。
また、各英軍艦船の耐久力が向上しました。
各爆撃機は空中を旋回中している間のみ兵士がリスポンすることができます。
一旦パイロットが操縦を始めた機体には、新たな兵士がリスポンすることはできません。
この変更により、強制切断バグが発生しにくくなりました。
*Bombing_The_Reich-1945
爆撃機の爆弾投下速度がFHSW 0.3の仕様と同等になり、一航過で全弾を投下できるようになりました。
また、重爆撃機の応急修理速度が向上しました。
*Chartres
連合軍車両のリスポン時間が短縮されました。
スプリングフィールド小銃兵は、ライフルグレネード8発を持った擲弾兵に変更されています。
*Earned_in_Blood
対戦車装備のキットがマップ上に多数配置されました。
連合軍にはKV9が与えられましたが、これは旗を奪取するとリスポンしなくなります。
88mm砲は長めの時間で再リスポンするようになりました。
*Eastern_Blitz-1939
枢軸軍は中央の旗を取るまでの間、制限時間付リスポンAPCを得ることができます。
制限時間付リスポンAPCは兵士のリスポン中には移動させることができないため、位置取りに注意しなければなりません。
*Falaise_Pocket-1944
プッシュマップに変更されました。
*fht_dinant-1940
旗の価値が変更されました。
ドイツ軍はフランス軍を最後の1拠点に押し込むまでチケット減少を受けます。
*Guadalcanal
揚陸艇の制限時間付リスポン機能が復活しました。
*Iron_Monster
爆撃キットの位置が変更されました。
*Manchuria-1945
兵器のリスポン時間と配備バランスが変更されました。
旗の価値が変更されており、2番のどちらかを落とすまで連合軍はチケット減少を受けてしまいます。
*Midway
揚陸艇の制限時間付リスポン機能が復活しました。
このマップでは、リスポン機能の自動リロードは行われないので、
継続的に兵士をリスポンさせるためには、味方の輸送艦で補給を受ける必要があります。
*Nuenen-1944
一部の近接戦闘武器で「熟練兵の目」機能が使えない問題が修正されました。
*Operation_Kikusui_day1
連合軍は空母を移動させることができなくなりました。
輸送艦のリスポン位置がそれぞれ離れたため、日本軍はより長い針路を取らなければなりません。
魚雷の威力が大きく向上し、駆逐艦にも輸送艦を撃沈するチャンスが与えられるようになりました。
*Operation_Kikusui_day2
一式陸上攻撃機と四式重爆撃機のパイロットは機関砲によって外部から殺傷されることがなくなりました。
*Operation_SpringAwakening
旗の位置が一部変更になり、MAPの戦闘範囲が若干狭くなりました。
*Sand_Storm
TheBlackPrince無線操縦自爆戦車のリロード時間が短縮されました。
*Soletschnogorsk-1941
枢軸軍に追加の装甲車両と制限時間付リスポンAPCが与えられました。
2番の拠点を奪取するまでは、枢軸軍兵士は川を渡ることができなくなっています。
*Todtenbruch-1944
連合軍の装甲戦力が強化され、枢軸軍には対戦車装備が標準配備されるようになりました。
*Wake_Night
ミニマップに浅瀬の位置が記入されました。
日本軍のチケット減少速度が大幅に緩和され、逆上陸のチャンスが大きくなりました。
*Warsaw_Uprising
枢軸軍の兵科が変更され、より市街戦に適した装備が与えられるようになりました。
旗の価値も変更されており、枢軸軍は連合軍を旗2つまで押し込むことでチケット減少を止められるようになります。

兵器関連
・アメリカ軍
+B-17G爆撃機
B-17爆撃機の最終型で、スーパーチャージャーを搭載しています。
エンジン出力が若干強化された他、高空での速力も幾分向上しています。
また防御面にも手が加えられており、機首下方に銃座が追加された他、耐久力も僅かに高くなっています。

・イギリス軍
*L型駆逐艦
魚雷発射時に自爆することがある問題が修正されました
*ランカスター爆撃機
エンジン出力が若干強化され、高高度での最大速度が調整されました。

・フランス軍
*Mle1897 75mm野砲
徹甲弾を使用可能になりました。
Wキーを押している間は徹甲弾、Wキーを一度押して離した時は榴弾、Sキーを押した時は榴散弾が発射されます。

・ポーランド軍
*TKS豆戦車
他の戦車と同様に視界が制限されるようになりました。
*Wz1897 75mm野砲
徹甲弾を使用可能になりました。
Wキーを押している間は徹甲弾、Wキーを一度押して離した時は榴弾、Sキーを押した時は榴散弾が発射されます。

・ドイツ軍
*クーゲルブリッツ
徹甲弾が発射されていない問題が修正されました。
*MG81旋回機銃
攻撃力が他の旋回機銃に比べて低くなっていた問題が修正されました。
*Ju87G
胴体のモデルがB型になっていた問題が修正されました。
*Me321牽引He111Z
母機からグライダーへの移動がしやすくなりました。
母機にリスポンした兵士は、母機の2番席から降りることでグライダーへと移動することができます。
また、グライダーは最大3機までリスポンするようになりました。

・日本軍
*一式陸上攻撃機
エンジン出力が異常に低かった問題が修正され、他の双発爆撃機と同程度になりました。
また運動性も幾分向上しています。
250kg爆弾搭載型の機体は、パラシュート爆弾でなく通常爆弾を使用します。
*四式重爆撃機
エンジン出力が僅かに向上しました。
*四式戦闘機一型乙型
弾数表示アイコンが正しく表示されるようになりました。
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.