FHSW official dev BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hh.jpg

さて皆様、本日は8月の第二金曜日、月例マップ調整パックの公開日であるわけですが、
以前twitterでお伝えした通り、今回はマップ調整より少し規模の大きい小パッチ、FHSW 0.412 Patchとしてリリース致します。

※18:00追記
FHSW0412ServerFull.zipには誤ったファイルが含まれていました! サーバ管理者の方は修正版をダウンロードし直す必要があります。

FHSW0412ServerFull.zip has wrong file. Server admins have to download revised version.

パッチの主な内容はバグ修正でありますが、マップパックではなくパッチとしたことで、変更点が全マップに等しく適用され、不統一が生じなくなっています。

代表的な変更点としては以下のようなものがあります。

・旋回銃座の調整の全マップ適用
・吸着爆雷の吸着力の大幅強化
・ファウストパトローネIIの自爆問題の修正
・魚雷の対艦直接ダメージ
・G43・M1カービンの速射精度向上

この他にも多数の変更点があります。
記事の最下部に変更点のリストを付けましたので、詳細はそちらを参照してください。



尚、今回は差分パッチであるため、導入する場合は、あらかじめFHSW0.4とFHSW0.41Patchをインストールしておく必要があります。

新規に導入するプレイヤーは以下の物が必要です。
Following files are required for new players.
1.ForgottenHope 0.7
2.FH FanMapPack6
3.FHSW040Client1of3, FHSW040Client2of3, FHSW040Client3of3
4.FHSW041ClientPatch
5.FHSW0412ClientPatch

尚、MonthlyMapTweakPack1007はFHSW0412ClientPatchに含まれているので必要ありません。
MonthlyMapTweakPack1007 is included in FHSW0412ClientPatch so it's not needed.



各ファイルのMD5ハッシュは以下のようになっています。

FHSW0412ClientPatch.zip 75c5a8d9a46c5a05ffd1a85fc2931a56
FHSW0412ServerFull.zip bcf4ee1132755d466b7627b10ef38347


ダウンロードURLは以下になります。

クライアントパッケージ(Client)
VOLT Online様
http://up.vol.to/bf/download/1281702557.zip

PrinceUmeboshi.jpn様
Website (http://princeumeboshi.servegame.com)のDownloadより


サーバーパッケージ(Server)
これはサーバファイルの修正版です。
this is revised server file.


VOLT Online様
http://up.vol.to/bf/download/1281702915.zip
http://up.vol.to/bf/download/1281772855.zip

PrinceUmeboshi.jpn様
Website (http://princeumeboshi.servegame.com)のDownloadより


導入の際の注意点として、カスタムテクスチャパックなどの外部アドオンはFHSW0.412に対して正しく動作しない可能性があります。
FHSW0.41用のアドオンを導入している方は、アドオンの解除が必要です。

また、今回は小パッチであるため、サーバとのバージョンの違う場合は全くマルチプレイに参加することが出来なくなります。
マップ調整パックの場合と異なり、未適用でも調整対象外のマップであれば接続できてしまうといった事はありません。
導入の際は、各ゲームサーバでのパッチ適用状況を確認することを推奨します。

導入時の混乱を防ぐため、サーバ管理者の方は公開翌日以降に本パッチのサーバへの適用を行なってください。
尚、PrinceUmeboshi.jpnサーバでは、8月14日昼以降より適用の予定とのことです。



以下は本パッチの変更点リストになります。
ダウンロード中の暇つぶしににでもご一読ください。

+追加点
*変更点

歩兵武器
・全般
+吸着爆発物の固着
3kg対戦車爆雷や靴下爆弾といった爆発物が乗物などにしっかりと吸着するようになりました。
ジャンプ等をしながら勢いをつけて投げることはできませんので、標的に密着して確実に貼り付ける必要があります。
吸着は乗物及び建物に対してのみ発生し、兵士や地形に対しては効力を発揮しません。
*対戦車武器補給キット
補給箱を設置してから消滅するまでの時間が60秒から3分に延長されました。
*弾薬補給キット
88mm砲のような弾種を変更できる兵器に対しても正しく補給できるよう修正されました。
*近接戦闘武器の威力調整
ショベルや棍棒、軍刀などの近接武器の威力が種類ごとに分けられました。
ナイフ以外の武器は全般に攻撃力が大きくなっています。

・アメリカ軍
+スプリングフィールドM1903対戦車ライフルグレネード
スプリングフィールドM1903から発射する対戦車榴弾です。
バズーカが登場する以前の時期において歩兵に遠距離対戦車攻撃力を提供します。
装甲貫通力は英軍のNo.68対戦車ライフルグレネードと同等で、それほど強力なものではありませんが、
相対する敵装甲車両がそれほど頑丈でない場合に限れば、十分に頼れる武器となるはずです。
*M1/M2カービン
照準の収束速度が僅かに早くなり、近距離での攻撃的な使用に適した武器となりました。

・イギリス軍
*ド・リーズル消音カービン
反動が軽減され、また照準の収束速度が早くなりました。
*No.74スティッキー爆弾
装甲車両に対する攻撃力が若干向上しました。

・ドイツ軍
*ファウストパトローネII
一部のマップで不発や自爆などが起きる不具合が修正されました。
*G43
反動が若干軽減されて照準が乱されにくくなり、速射性が改善されました。
精度は相変わらず良いものではありませんが、近距離での戦闘では頼れる武器となるでしょう。
*鹵獲武器
一部の鹵獲武器のキルログが正しく表示されない問題が修正されました。
*P38K消音拳銃
連射時に発砲とアニメーションがずれる問題が修正されました。

・日本軍
*九九式破甲爆雷
一発あたりの威力が低下していますが、所持数が4個になった上、爆雷2個ないし4個の収束が可能になりました。
2つの爆雷を重ねて設置することで中戦車クラスに対して効果的な破壊力を発揮できます。
4つの爆雷をひとつにまとめて設置すると重戦車にも十分な損害を与えることが出来ますが、
重量の問題から吸着効果が失われてしまう上、設置するまでの時間が僅かに長くなってしまいます。
爆雷を収束して使用するためには、収束数以上の残弾を所持していなければなりません。
3発しか所持していない状態で4収束の爆雷を設置しようとすると、何も設置しないままに残弾が0となってしまいますので、
収束爆雷を使用する際は残りの所持数に十分注意しなければなりません。

・ポーランド軍
+ランダム鹵獲武器
国内軍向けのランダムな鹵獲武器が追加されました。


兵器
・全般
*設置式/車載機関銃
旋回速度が遅くなり、遠くの標的への照準が容易になりました。
*重迫撃砲
トレーサーが追加されました。
*時間制限つきリスポンポイント
リスポン効果を約1分ごとに再使用できるようになりました。

・艦船
*水上偵察機の修復
カタパルト上の水上偵察機は自動で修復されるようになりました。
艦が砲撃や機銃掃射を受けている場合でも、破壊されない限りはすぐに飛び立つことができます。
*魚雷の対艦ダメージ
水上艦と潜水艦の魚雷は、艦のフロータだけでなく艦本体にも一定のダメージを与えるようになりました。
艦載機の航空魚雷については、直接投下でダメージを与える行為を防止するため、この仕様は適用されません。
*空母艦長席の全周視界化
日米空母の1番席が360度の視界を得られるようになりました。
アメリカ軍の空母では、↑キーを押すことで銃座視点から艦橋視点へと切り替わります。

・航空機
*機首機銃の集弾率向上
航空機の機首機銃の散布界が翼内銃の半分程度になりました。
ただし、一部の大口径機関砲は反動の大きさを考慮し、以前のままの集弾率になっています。
*旋回銃座の射角拡大
一部機体の旋回機銃の射角が広くなりました。
*旋回銃座の弾道修正
航空機の旋回機銃の弾道が母機の機動の影響を受けなくなりました。
地上の対空砲と同様な偏差をとるだけで済むため、命中率の向上が期待できます。
*多座機の応急修理機能
復座以上の航空機に銃手等のパイロット以外の兵士が乗っている場合、機体が応急修理されるようになりました。
機体に応じた定数分の兵士を搭乗させることで、機体の生存性と継戦能力が大幅に高まります。
銃手は乗っているだけで機体が修理され、特別な操作は必要ありません。
銃座に5秒以上乗っていないと応急修理が開始されないため、機体に一人しか乗っていない状態では応急修理ができません。
尚、バランスの問題から、修理速度は機体・マップごとに一定ではありません。
一般に通常のマップよりも空戦マップのほうが高い修理速度に設定されています。

・アメリカ軍
*LCTMk5
上陸時に陸地に乗り上げ過ぎることが少なくなりました。
セカンダリ攻撃ボタンを押し続けると後方に向けて弱い推進力を発生し、乗り上げ過ぎた場合の離岸を補助できます。
また、Sキーを押し続けることで艇体が少し滑りやすくなり、離岸がより容易になります。

・イギリス軍
*L型駆逐艦
一部マップで後部砲塔の仰俯角ができない問題が修正されました

・ソ連軍
*BM-31自走ロケット
弾薬補給が出来ない問題が修正されました。
また、トレーサーが正確に着弾地点を示すようになりました。
*TB-3重爆撃機
揚力が大きくなったことで離陸時の滑走距離が短縮され、また運動性もある程度向上しました。
1t爆弾の搭載数が4発になりました。

・ドイツ軍
*近接防御兵器
投射角度が60度から45度に変更され、射程距離が僅かに大きくなりました。
+応急対空銃座
視野角が広くなり、対空射撃に使いやすくなりました。
*シュビムワーゲン
走破性と登坂能力が向上しました。

・日本軍
*一式装甲兵車 ホキ
搭載機関銃が照準眼鏡付になりました。


マップ関連
(マップ関連の変更は非常に数が多いため、一部の変更点のみが記述してあります)
*ServerSideModの本体適用
PrinceUmeboshi.jpn サーバで適用されたServerSideModがMOD本体へと適用されました。
詳細は以下のURLで確認することが出来ます。
http://twitter.com/FHSWdev
*Battle_at_River_Don
吹雪エフェクトが大幅に軽量化されました。
*Battle_of_Angaur
ライオンの主砲の初速が低下し、砲撃支援をしやすくなりました。
*Battle_of_Iwo_Jima
プッシュケージのデッドロックが発生しなくなりました。
ケージが設置されている状態では乗物は旗奪取範囲内に入ることができませんが、
歩兵は中に入ることで出来るので、旗の取得状況に食い違いが発生した場合でも容易に解除することが出来ます。
*Battle_of_Off_Malay
一式陸上攻撃機の機数が大幅に増加し、60秒ごとに弾薬が自動で補給されるようになりました。
英軍戦艦には追加銃座が多数追加されており、対空能力が向上しています。
また、英軍兵士のスパナが正常に機能するようになりました。
*Operation_SpringAwakening
湖には車両が渡ることの出来る浅瀬が追加されました。
東の街はソ連軍の本拠点の一つになりました。
+Sand_Storm
カスタムマップからの移植です。
要塞の扉はドイツ軍兵士のみが搭乗キーで出入りすることができます。
手榴弾数発程度で破壊することも可能なので、英軍兵士でも侵入は可能です。
+Warsaw_Uprising
カスタムマップからの移植です。
WindowsVistaで正常に動作しない問題が修正されました。
また、ポーランド軍の鹵獲ヘッツァー「Chwat」は低速で移動できるようになりました。
ポーランド軍は全ての旗を失わない限りチケットの減少を受けることはありません。
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。