FHSW official dev BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sherman_eng.jpg

バランスが悪い!
FHSW0.1の公開以来、このMODのゲームバランスの悪さについてはほとんど常に語られてきました……

この問題は我々開発陣も認識しているところでありまして、
バージョンアップの度にマップの修正を繰り返し、また主要サーバでServerSideModによる微調整も行っていましたが、
アップデート間隔の長さとSSMでの技術上の制約から、あまりレスポンスが良いとは言えませんでした……



そこで今回、我々はより能動的なバランス調整策を取り入れることとしました!
名付けて「月例マップ調整パック」
その名の通り、毎月第二金曜日にバランス調整を行ったマップパッケージを公開するというものです。
ユーザの方々にはマップパックのダウンロードという手間が生じてしまいますが、
よりきめ細かく、かつ大掛かりな調整が可能になるというメリットを重視しました。

また、月例マップ調整パックでは、新マップの追加もより素早く行なうことが可能となります。
今回のマップパックでもカスタムマップ祭で使用されたものの中から3マップが含まれています。
各マップはカスタムマップの仕様から若干の修正が加えられており、より洗練された戦場で戦うことができるのです。
尚、今回は調整が間に合った物のみを含めたため、カスタムマップ祭からの収録は3つとなっていますが、
別のマップも修正が完了次第、8月以降の月例マップ調整パックに含まれるかも知れません。

さらに、月例マップ調整パックでは、ServerSideModでは不可能な、大掛かりな埋め込み調整も可能になっています。
例えば、今回のマップパックでは前回のカスタムマップ祭で試験したものを含む以下の要素等も含まれています。
・旋回銃座の弾道修正
・多座機の応急修理機能
・設置式/車載機関銃の旋回速度調整
この他にも多数の変更点があります。
記事の最下部に変更点のリストを付けましたので、詳細はそちらを参照してください。



ダウンロードURLは以下になります。

クライアントパッケージ(Client)
VOLT Online様
http://up.vol.to/bf/download/1278683073.zip

PrinceUmeboshi.jpn様
Website (http://princeumeboshi.servegame.com)のDownloadより


サーバーパッケージ(Server)
VOLT Online様
http://up.vol.to/bf/download/1278683162.zip

PrinceUmeboshi.jpn様
Website (http://princeumeboshi.servegame.com)のDownloadより


導入の際の注意点として、カスタムテクスチャパックなどの外部アドオンを使用している場合、
月例マップ調整パック導入済みのサーバに接続できなくなる可能性があります。
そのような場合は、カスタムテクスチャパック内のマップファイルを削除してください。

導入時の混乱を防ぐため、月例マップ調整パックは公開翌日以降からサーバへの適用を行なってください。
尚、PrinceUmeboshi.jpnサーバでは、7月10日夕方より適用の予定とのことです。



以下は今月のマップ調整パックの変更点リストになります。
ダウンロード中の暇つぶしににでもご一読ください。

+追加点
*変更点

新マップ追加
+Battle_of_Bougainville
マップサイズが拡大され、完全に一新されたブーゲンビル航空戦です。
オブジェクティブモードにのみ対応しています。
+Battle_at_River_Don (Supervised by MasterT)
ソ連軍の攻撃をハンガリー軍が防ぐプッシュマップです。
カスタムマップ版と比べてソ連軍が有利となるように調整されています。
このマップはMasterT氏によって監修されました。
+Operation_SpringAwakening
東部戦線におけるドイツ軍による大規模な反攻作戦を題材としたマップです。
カスタムマップ版と比べてドイツ軍が有利となるように調整されています。
湖には車両が渡ることの出来る浅瀬が追加されました。

マップ調整
(マップ関連の変更は非常に数が多いため、一部のみが記述してあります)
*Arnhem-1944
旗の価値が調整され、6ポンド砲が移動できなくなりました。
ドイツ軍は旗を取るごとに戦車リスポン数が減っていきます。
*Battle_Isle-1944
米軍の擲弾兵のライフルグレネード所持数が増加しました。
*Battle_of_Angaur
植物の数が増え、旗や兵器類の配置が大幅に見直されました。
*Battle_of_Iwo_Jima
リスポン地点が一部変更され、火炎放射キットが増設されました。
*Battle_Of_Makin
旗の価値が調整されました。魚雷艇はリスポン地点に戻ることで魚雷の補給を受けることが出来ます。
*Battle_Of_Orel-1943
カンプピストルの所持弾数が大幅に減少し、一部戦車と航空機の種類が変更されました。
*Berlin-1945
ドイツ軍ベースを大幅に改造し、地下陣地と旗が追加されました。
*Bombing_The_Reich-1945
航空機と高射砲塔の仕様が変更されました。
*Counterattack-1940
フランス軍が有利となるよう調整されました。
*Falaise_Pocket-1944
ドイツ軍の対戦車兵装備がパンツァーファウスト60に変更されました。
*Fall_Weiss-1939
ロード画面が表示されるようになりました。
*Guadalcanal
兵士リスポン地点となるAPCが常時リスポン可能なタイプに変更されました。
日本軍の駆逐艦の大発に戦車と野砲が搭載されました。
*Hungary_Forest-1945
旗の価値が調整されました。
ハンガリー軍は窮地に陥ると爆撃要請キットを得ることができます。
*ilomantsi-1944
最南端の旗は最初からソ連軍が保持するようになりました。
また、両軍のベースに進入攻撃することは出来なくなりました。
*Invasion_Of_The_Philippines
一部航空機の仕様が変更され、回線切断が発生しにくくなりました。
*Iron_Monster
兵器バランスが調整され、簡易的にプッシュマップ化されました。
*Meuse_River_Line-1944
爆撃要請キットの援軍が強化され、ドックの旗を戦車のみで取れるようになりました。
*Iwo_Jima
一部航空機の仕様が変更されました。
*Midway
*Midway
*Operation_A
艦船の速度が変更され、また魚雷が船体に直接ダメージを与えるようになりました。
*Operation_Blackknight-1945
旗の価値が調整され、英軍に兵士リスポンAPCが与えられました。
一部ピックアップキットの配置が変更されました。
*Operation_Goodwood-1944
兵器のリスポン時間が調整され、88mm砲と茂みが若干追加されました。
また英軍歩兵に煙幕ライフルグレネードが追加されており、進撃時に遮蔽を得ることが出来ます。
*Operation_Kikusui_day2
一部航空機の仕様が変更され、また艦載対空砲の命中精度が少し低下しました。
*Operation_Lilliput
旗の価値が調整され、プッシュゲージのバグが修正されました。
*Operation_Nordwind-1944
兵器リスポン時間が調整され、パーシング重戦車の試作型であるT23E3が追加されました。
BAR射手は対戦車火器の弾薬を味方に補給することができます。
*Pegasus
ドイツ軍兵科から手榴弾がなくなりました。
*Prokhorovka-1943
航空機の仕様が変更され、また一部兵器が差し替えられました。
*Reichsbahn-1945
アメリカ軍が若干有利となるよう調整されました。
*Sector318-1944
爆撃要請キットがより使いやすい配置に変更され、代わりにドイツの空中リスポン援軍航空機が削除されました。
*Seelow-Heights-1945
航空機の仕様が変更され、また一部兵器が差し替えられました。
*Stashuv_Area
旗の価値が修正され、一部地形と兵器が変更されました。
一部の兵器はチームロックされました。
*Tarawa-1943
旗の価値が修正されました。
グラスホッパー観測機を着陸させてリスポン地点として使用する事は出来なくなりました。
*The_Attack_on_Carentan-1944
各旗の初期陣営がFHSW0.3相当に変更され、米軍に兵士リスポンAPCが与えられました。
*the_great_pursuit
2番拠点と3番拠点の間に新しい旗が追加され、旗の価値が変更されました。
ハンガリー軍は窮地に陥ると爆撃要請キットを得ることができます。
*Wake_Night
マルチプレイができないバグが修正されました。
戦局が傾いてくると、日本軍に幻の援軍が出現するかも知れません。



兵器関連
・全般
*設置式/車載機関銃
旋回速度が遅くなり、より遠くの標的に狙いをつけるのが容易になりました。

・航空機
*機首機銃の集弾率向上
航空機の機首機銃の散布界が翼内銃の半分程度になりました。
ただし、一部の大口径機関砲は反動の大きさを考慮し、以前のままの集弾率になっています。
*旋回銃座の射角拡大
一部機体の旋回機銃の射角が広くなりました。
*旋回銃座の弾道修正
航空機の旋回機銃の弾道が母機の機動の影響を受けなくなりました。
地上の対空砲と同様な偏差をとるだけで済むため、命中率の向上が期待できます。
*多座機の応急修理機能
復座以上の航空機に銃手等のパイロット以外の兵士が乗っている場合、機体が応急修理されるようになりました。
機体に応じた定数分の兵士を搭乗させることで、機体の生存性と継戦能力が大幅に高まります。
銃手は乗っているだけで機体が修理され、特別な操作は必要ありません。
銃座に5秒以上乗っていないと応急修理が開始されないため、機体に一人しか乗っていない状態では応急修理ができません。

・アメリカ軍
*グレイハウンド装甲車
機動性が改善されました。
*LCTMk5
上陸時に陸地に乗り上げすぎることが少なくなりました。
また、Wキーとセカンダリ攻撃ボタンを押し続けることで、上陸後の離岸が可能になりました。

・イギリス軍
*L型駆逐艦
一部マップで後部砲塔の仰俯角ができない問題が修正されました

・ソ連軍
*BM-31自走ロケット
弾薬補給が出来ない問題が修正されました。
また、トレーサーが正確に着弾地点を示すようになりました。

・ドイツ軍
+Ar234B-2/N
Ar234爆撃機をベースとした夜間戦闘機です。
重たい爆弾を抱えていないため通常型の機体よりもかなり運動性が向上しています。
あくまで爆撃機改造の簡易夜間戦闘機であり、攻撃武装はMG151/20 20mm機関砲の連装ガンパック1基でしかありません。
しかし同じジェット機であるMe262と比較すると高高度性能に優れ、さらに失速からの回復も容易である等、扱いやすい機体になっています。
その他の装備としては、爆撃機型と同様なリモコン式後方20mm機関砲と、比較的高性能な索敵レーダーを搭載しています。
+Ju88G-7
Ju88爆撃機をベースとした夜間戦闘機です。
かのTa152戦闘機にも搭載された強力なJumo213Eエンジン2基のパワーによって比類ない高空・高速性能を誇りますが、
元設計が古い機体であるため、機体の能力がエンジンの能力に追いついておらず、あまり速度を出しすぎると操縦不能に陥る危険があります。
武装としてMG151/20 20mm機関砲を機体下部に4挺、胴体上方に斜め銃として2挺、そして強力な索敵レーダーを備えています。
機体サイズの割りに軽武装ですが、そのため振動も少なく、高精度の射撃が可能です。
機銃手にはMG131 13mm機関銃が2挺と、さらに後方警戒レーダーが用意されており、比較的強力な自衛能力があります。
+4号戦車J型
4号戦車の実質最終型で、ソ連重戦車群に対抗するためにPzGr40徹甲弾が与えられています。
撃破した敵戦車の履帯を増加装甲として装備しており、また近接防御兵器も備えているため、防御力も若干向上しています。
+Fw190爆撃要請キット
戦闘爆撃機タイプのFw190を要請します。
500kg爆弾搭載型と、SG113を装備した対戦車型が用意されています。
*高射砲塔の仕様変更
高射砲塔の対空機関砲は37mmと20mmの混載になりました。
また、南北2基の砲を一まとめとして操作するようになり、2名で全能力を発揮することができます。
F9キーによるズーム機能も追加されています。
*シュビムワーゲン
走破性と登坂能力が向上しました。
*WGr21ロケット弾
効果範囲と近接信管範囲が広くなりました。
*ファウストパトローネII
一部マップで発射時に自爆する問題が修正されました。

・日本軍
*一式装甲兵車 ホキ
搭載機関銃が照準眼鏡付になりました。
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。