FHSW official dev BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FHSW041NewsTop2.jpg

※18:00追記
FHSW 0.41の解凍パスワードが公開されました!
Password is
<==Tankovyy==Desant!!!==


さて、昨年末のバージョン0.4リリース以来、ご好評を頂いているFHSWですが、
致命的なものを含むいくつかのバグが存在していました。
また、一部のマップバランスにも偏りが生じてしまっているのが現状です。

そこで今回は、それらを修正するマイナーアップデートとして0.41パッチをリリース致します!

0.41パッチの主なアップデート内容はマップ調整やバグの修正ですが、それだけではなく、
新しいメニュー画面背景動画やパンツァーファウスト60、タンクデサント戦術の強化などいくつかの新要素も含まれています。
変更点リストをこの記事の最下段に貼り付けましたのでご参照ください。



また、0.41パッチの公開に併せて、日本軍を題材としたFHSWのショートトレイラームービーが公開されました。


FHSW short trailer (Japanese Force)



ダウンロードリンクは以下にあります。
通常はクライアントパッケージをダウンロードしてください。
クライアントパッケージはパッチ形式となりますので、既にインストールされているバージョン0.4を削除する必要はありません。
バージョン0.4と同じ場所に上書きしてください。
サーバーパッケージはフル版となっていますので、サーバー管理者の方はこちらをダウンロードしてください。

また、各ファイルには解凍パスワードが設定されています。
パスワードは後ほど当ブログにて公開いたします。

各ファイルのMD5ハッシュは以下のようになっています。

FHSW041ServerFull.rar 7ad03ca42883c045153a007091510022
FHSW041ClientPatch.rar cc0acafd6c08b6eea0cce283ebf2b367

クライアントパッケージ(Client)

VOLT Onlineさま
http://up.vol.to/bf/download/1269872966.rar

PrinceUmeboshi.jpnさま
Website (http://princeumeboshi.servegame.com)のDownloadより


サーバーパッケージ(Server)

VOLT Onlineさま
http://up.vol.to/bf/download/1269872608.rar

PrinceUmeboshi.jpnさま
Website (http://princeumeboshi.servegame.com)のDownloadより


尚、今回のバージョンは一部ファイル構造がバージョン0.4と異なっているため、
サウンドMODなどの各種アドオンを使用すると動作しない可能性が高いです。
0.41対応版のアドオンがリリースされるまでは、アドオンを外してプレイしてください。



以下はFHSW0.41パッチの変更点のリストになります。

+追加点
*変更点

歩兵武器
・全般
+メニュー背景動画の追加
FHSWオリジナルのメニュー背景動画が追加されました。
+兵科画像の追加
一部の兵科画像が欠けていた武器に、専用の兵科画像が追加されました。
+パラシュート所持アイコン
兵士がパラシュートを所持しているかどうかが、体力バー横の画像で示されるようになりました。
+兵科説明の追加
一部の兵科について、所持武器の短い説明が兵科画像上に表示されるようになりました。
発煙手榴弾や火炎瓶の所持を確認することができます。
*自動火器のアニメーション修正
拳銃などの一部の自動火器の連射時に発砲とアニメーションがずれる問題が修正されました。
また、一部の武器で発砲時に画面が振動しない問題が修正されました。
+対戦車武器補給兵
歩兵用対戦車火器用の小型弾薬箱を持ち運べるキットが追加されました。
小型弾薬箱一つにつき、梱包爆弾や火炎瓶、収束手榴弾、ライフルグレネードなどを5発補給することができます。
設置してから1分ほどすると小型弾薬箱は消滅しますが、通常の弾薬箱やAPC等での再補給が可能です。
*弾薬補給兵の追加
弾薬補給兵キットが配備されるマップが増加しました。
また、キットの外見が変更され、弾薬補給兵キットであることが判別しやすくなりました。
*航空機要請キット
再要請までにかかる待機時間が大幅に短縮されました。
また、要請無線機で双眼鏡による砲撃要請を受けられるようになりました。
視界外の標的に対しても正確に方向を定めて航空機を発進させることができます。

・ソ連軍
+鹵獲パンツァーファウスト
一部のマップでは、鹵獲したパンツァーファウストが対戦車兵の装備として与えられます。

・ドイツ軍
+ファウストパトローネII
パンツァーファウスト30の改良型で、威力の高い大型弾頭を備えています。
弾道特性はパンツァーファウスト30と変わりませんが、照準器は20m・30m・40mの距離に対応しています。
+パンツァーファウスト60
ファウストパトローネIIの改良型で、射程距離が増大しています。
照準器は照準器は30m・60m・80mの距離に対応しています。
+パンツァーファウスト補給兵
パンツァーファウストが4発梱包された箱を設置できるキットです。
味方の対戦車兵に新たなパンツァーファウストを与えることができます。
この箱からはパンツァーシュレックの弾薬も同様に補給可能です。
+鹵獲対戦車ライフル
鹵獲した他国製の対戦車ライフルです。
ほとんどの場合はピックアップキットとして配備されていますが、標準装備とされる場合もあります。
+ランダム対戦車火器
対戦車攻撃が可能な様々な武器がランダムで与えられるキットです。
時代遅れの鹵獲武器から強力な新型装備まで、何が与えられるかはわかりません。
*ランダム鹵獲ライフル
ランダム化のパターンが多くなり、特定のライフルばかりが出現し続ける問題が緩和されました。
*パンツァーシュレック
親切な熟練兵が防盾に照準距離のメモ書きを残していきました。
照星毎の照準距離をよく覚えていない兵士でも素早く正確に照準することができます。
*G43
照準の収束速度が僅かに速くなりました。
*ランダムパンツァーファウスト30
弾薬数が異常になる問題が修正されました。
また、一部のランダム配備キットでは、パンツァーファウスト30が2発与えられることがあります。
*3kg対戦車爆雷
所持数が2つになりました。
*カンプピストル
対戦車兵向け装備の所持弾数が増加しました。

・日本軍
*MP18
日本軍の「ベ式機関短銃」仕様に変更されました。
7.62mm弾を使用するため威力は従来より低くなりますが、弾装容量が50発となり、また発射速度も向上しています。
*九八式軍刀
セカンダリ攻撃で雄叫びとともに横薙ぎをするようになりました。
横薙ぎ攻撃は左右への攻撃範囲がとても広い反面、打撃力は縦斬りよりも劣ります。

・イタリア軍
*ベレッタM1938短機関銃
発射音がずれる問題が修正されました。

・ハンガリー軍
*44M対戦車ロケット
パンツァーシュレックと同様な照準距離のメモ書きが防盾に追加されました。

兵器
・全般
+タンクデサントの強化
戦車の上に乗った歩兵が振り落とされにくくなり、タンクデサント戦術が使いやすくなりました。
軽戦車で3人程度、中戦車以上では6~10人の兵士を安定して高速輸送することができます。
また、装甲車も戦車と同様に歩兵が滑り落ちにくくなっています。
尚、これは攻撃のための戦術であるため、後方へ降りることは推奨されません。
降車時は砲塔横を抜けて前方へ突撃しましょう!
*空母艦載機の発艦ミス防止
空母が航行中に飛行甲板後端の艦載機を発艦させようとした際、後方に滑り落ちることがなくなりました。
*高角砲/重対空砲の調整
艦船の高角砲や重対空砲の射程距離が調整され、実際の射高に準じた射程距離となりました。
一部の砲を除いて、全体的に射程が増大しています。
*ジェット航空機の速度調整
ジェットエンジンを搭載した航空機の速度が増大しました。
*航空機関銃の威力調整
航空機の火器の威力が調整されました。
弾頭の運動エネルギーはあまり重視されなくなり、弾頭炸薬量がダメージに大きく影響します。
*大口径砲の砲撃要請
一部の大口径火砲で砲撃要請を受ける際、トレーサーしか視点追尾しない問題が修正されました。
中小口径の火砲と同様に、砲弾でも正常に視点追尾をするようになります。
また、トレーサー自体が目視されることはなくなりました。
*機雷
魚雷艇が機雷を敷設した際に爆発エフェクトが発生しなくなりました。
*lexiconall.datの修正
一部兵器のキルメッセージが正しく表示されない問題が修正されました。

・アメリカ軍
*B29爆撃機
破片クラスター爆弾搭載型が追加されました。
軟目標に対して破滅的な打撃を与えることが出来る他、通常爆弾も混載しているため硬化目標にも有効です。

・イギリス軍
*L型駆逐艦
高角砲がマルチプレイ時に正常に機能しない問題が修正されました。
*チャーチルAVRE
主砲弾が貫通効果を発揮するようになりました。
*ヴァレンタイン歩兵戦車
車体サイズが歩兵に対して正しい比率に縮小されました。
非常にコンパクトな車体となったため被弾率が低くなり、戦闘能力が若干向上しています。

・ソ連軍
*203mm B4榴弾砲バッテリー
砲撃要請が正常に機能しない問題が修正されました。
*BM-31アンドリューシャ
弾薬補給を受けられない問題が修正されました。
*KV重戦車
砲塔後方機銃がマルチプレイ時に正常に機能しない問題が修正されました。
*T35重戦車
主砲塔のボールマウント機銃が一番席で使用可能になりました。
2番席では、ミニマップによる標的方向の指示と、外部スピーカでの味方兵士の激励をすることができます。

・ドイツ軍
+高射砲塔(Flakturm:made by "The Sappers")
12.8cm Flak40高射砲と多数の対空機関銃を備えた対空防衛施設です。
巨大な建造物であり、他の建物に邪魔されない良好な対空射界を発揮できますが、その大きさ故に近距離は死角となっています。
内部には巨大なエレベータがあり、人員や追加の対空車両を屋上へと上げることができます。
+SD4HL HEATクラスター爆弾
航空機用の収束HEAT弾です。
弾頭が大型であるため、一発の命中でも重戦車に対して致命的な効果があります。
この爆弾はJu87の近接支援機型とHs129B-1/R1に搭載されます。
*M-Geschoss(薄殻榴弾)の威力修正
薄殻榴弾の威力が正しく設定されていない問題が修正されました。
装甲部位に対してはあまり効果的ではありませんが、柔らかい部位に対して破滅的な損傷をもたらします。
20mm MG151機関砲は最大でこれまでの1.7倍、30mm MK108は最大2.4倍の破壊力を発揮します。
*Bf109
最大速度が上昇し、急降下時の加速率が高くなりました。
*Me163コメート
最高速度が増大し、運動性が低下しました。
また、主武装の装弾数が120発に削減されました。
*Me262
高高度性能が改善されました。
*sdkfz251
一部タイプで機関銃を設置すると爆発エフェクトが発生するバグが修正されました。
*ウルフゲレート40ロケット
射程距離が若干長くなりました。
*He111Z牽引型Me321
He111の2番席から降りることで、Me321の機内へと移動できるようになりました。
*オストヴィント
37mm機関砲の発射速度が向上しました。

・日本軍
+三年式15.5センチ砲(地上配備型)
大和型戦艦の副砲として有名な砲の地上配備型です。
仰角を大きくする改装が施されているため、ある程度効果的な対空射撃が可能になっています。
単装型と三連装型があり、三連装型はプライマリ・セカンダリ攻撃キーで左右砲と中砲の撃ち分けが可能です。
*八九式12.7センチ砲(地上配備型)
左右砲をプライマリ・セカンダリ攻撃キーで撃ち分けられるようになりました。
+九八式10センチ砲(地上配備型)
秋月型駆逐艦の搭載砲の地上配備型です。
長射程で発射速度が高く、地上配備の対空砲としては最高レベルの性能を誇ります。
左右砲をプライマリ・セカンダリ攻撃キーで撃ち分けることができます。
*九五式軽戦車
破壊されたときに残骸が出現しない問題が修正されました。
*九五式軽戦車搭載大発
不自然な挙動が修正されました。
*二式複座戦闘機
37mm ホ203機関砲の弾道特性が向上しました。
*四式重爆撃機
空中リスポン型で、リスポン時にチームキルが発生する問題が修正されました。
*秋水
最高速度が増大し、運動性が低下しました。
*12.7mm ホ103
発射速度が毎分900発に増大しました。

マップ関連
(マップ関連の変更は非常に数が多いため、一部の変更点のみが記述してあります)
*Arctic_Convoy-1942
・吊光弾
Ju88爆撃機が50kg爆弾の代わりに吊光弾(パラシュート付照明弾)を投下するようになりました。
吊光弾はマップ上に位置が表示されるため、味方部隊に敵艦の正確な位置を教えるのに役立ちます。
また非常に明るく輝くため、敵艦の対空法手の目くらまし効果も期待できます。
Ju88爆撃機には28発搭載されていますが、連続して投下できるのは4発までです。
吊光弾は敵艦に直撃しても損傷を与えませんが、艦の上で延々と光り続けて艦の位置を暴露させてしまいます。
・ドイツ海軍の後退
戦艦や重巡などの主力艦は損失を恐れて、外海に出てくることが少なくなりました。
ただし、状況次第では大胆な攻撃に打って出ることもあるかも知れません。
・艦船の速度調整
英軍艦船の速度が実艦と同じ比率に調整されました。
輸送艦は最早、潜行中の潜水艦に追いつかれることはありません。
駆逐艦と巡洋艦は、猟犬らしい俊足を手に入れましたが、氷山への衝突事故の危険も増大しています。
・全対空銃座へのレーダー適用
対空レーダーが英軍全艦に搭載され、また全ての銃座でレーダー警戒が可能になりました。
ただし、対空レーダーは味方艦船や氷山などの誤認対策のため、ある程度以下の高度は探知しないようになっています。
潜水艦や対空侵入する雷撃機対策のためにも、これまでと同様に目視警戒を怠ってはなりません。
*レマーゲン
FHSW0.3のマップが復帰しました。
橋の下にキャットウォーク(工事用足場)が追加されているため、両軍は路盤の上だけでなく下でも戦わなければなりません。
*レイテ沖海戦
戦艦の追加砲座の耐久力が大幅に向上しました。
*セクター318
状況に応じて枢軸軍に援軍の航空機が出現するようになりました。
枢軸軍には飛行場がないため、補給は着陸してから弾薬補給トラックで受ける必要があります。
*呉軍港空襲
対空砲として三年式15.5センチ砲や九八式10センチ砲が配置されました。
また、八九式12.7センチ砲には2基が連動したバッテリー型が追加されています。
加えて、数は少ないですが、一部の対空砲はレーダー連動型となりました。
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。