FHSW official dev BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tas_top.jpg

数多くのパンツァーファウストが生産されたとは言え、敵戦車に接近するのは至難の業です。
「ハンガリーにはソ連に太刀打ちできる戦車が無いのか!」
そう考えるのは、我々FHSWプレイヤーだけでは無いのです。

44M_Tas.jpg

1943年春、脅威であるT-34と戦うべく、ブダペストのヴァイス・マンフレート社は新型重戦車の開発を始めます。
長砲身75mm戦車砲を搭載、被弾経始を考慮した設計に、最大120mmの装甲を持たせたこの新型戦車は、タス重戦車と呼ばれました。
このエンジンにはトゥラン中戦車と同じヴァイス・マンフレート製のV-8Hエンジンを2基搭載する予定でした。
彼らとしてはドイツ製のエンジンをライセンス生産したかったようですが、そのような余裕はドイツには既に無かったのです。
量産型ではドイツの7.5cm Kwk42を搭載する予定でしたが、試作車には国産である43M 75mm戦車砲が搭載されました。
更には派生型としてこの車体を利用し、突撃砲タイプであるタス駆逐戦車も計画されました。
しかしながら、1944年7月27日の米軍機による爆撃で、製作中だった試作車は破壊されてしまいます。
その後、計画も中止されたため、この重戦車は幻となったのでした・・。



史実では戦場に姿を見せなかったタス重戦車ですが、FHSWでは対戦車戦闘の担い手となってくれる事でしょう。
他のハンガリー戦車と同様、スカート付、スカート無しの2種類があります。
ゲーム内の性能としてはV号戦車パンターより、やや固めの正面装甲を持っています。
T-34/85の85mm砲に対して、パンターでは砲塔正面に若干のダメージが入りますが、タスであれば完全に弾く事ができます。
プレイヤーである貴方自身の手で、憎きT-34を粉砕するのです!
tas_SS1.jpg tas_SS2.jpg
tas_SS3.jpg tas_SS4.jpg



jagdTas_L56.jpgjagdTas_L71.jpg

更には派生型として計画されていたタス駆逐戦車も登場します。
FHSWでは88mm L/56戦車砲搭載型と88mm L/71戦車砲搭載型の2種類を再現しました。
L/56はティーガーと同等、L/71はキングティーガーと同等の威力を誇ります。
また、厚い装甲を傾斜させているため、正面上部であればIS-2の122mm砲にも耐えることができます。
車高の低さを活かし、上手に立ち回れると良いですね。
2番席で前方の機銃を操作する事もできるので、歩兵の接近にも柔軟に対応できるでしょう。
jagdtas_SS1.jpg jagdtas_SS2.jpg
jagdtas_SS3.jpg 56and71.jpg







スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。