FHSW official dev BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

horseclimb.jpg

9月も残りあと僅かとなりました。
今回は、古くからの頼れる友人を皆さんにご紹介しましょう。

war_horse.jpg
馬とは、ウマ科に所属する動物の総称です。
昔から人間の生活において欠かせない存在でしたが、軍事目的に用いられ始めたのは紀元前19世紀頃と言われています。
その後も各地の戦場で見かけられた軍馬や騎兵ですが、近世で発達した火器によって、存在を脅かされる事となります。
槍を持ち戦う騎兵を見かける事は無くなりましたが、その代わりに登場したのが銃で武装した騎兵でした。
しかし、ナポレオン戦争時代では活躍できた騎兵達も、ライフル銃や機関銃の発明により衰退していきました。
FHSWの舞台である第二次世界大戦では、主に輸送や偵察に用いられました。
当時の機械化された車両よりも地形踏破能力が勝っていた為、山岳地域における機甲部隊の進軍を助けたのです。
しかし、第二次世界大戦を最後に、前線から軍馬は消えて行く事となりました。
馬からヘリコプターに乗り換えた騎兵が活躍するのは、また別の時代のお話です。





FHSW ver0.4β "War Horse" Preview



FHSWでは、偵察タイプと武装タイプの2種類が登場します。

偵察タイプでは攻撃手段はありませんが、その足を活かして敵後方に回り込んだり裏鳥で活躍するでしょう。
また、右クリックでジャンプする事もできるので、少しの段差なら乗り越えられます。

horseSS_1.jpg horseSS_2.jpg

武装タイプでは、各国の様々な小火器を手に戦うことができます。
偵察タイプと同様に、右クリックでジャンプする事ができます。
戦車相手に絶望的な突撃を仕掛けるのも、後方かく乱を行うのも乗馬した貴方次第です。
しかし、彼らが生き物であることを忘れてはいけません。装甲という概念は無いのです・・。

horse_weapon1.jpg horse_weapon2.jpg

2種類ともミニマップには表示されないので、降りても敵に発見されづらいという長所があります。
前もってマップを歩いて、場所を覚えておくと良いかもしれませんね。

horseSS_3.jpg horseSS_4.jpg

これは撃つのを躊躇してしまいそうです・・。

horseSS_5.jpg horseSS_6.jpg
horseSS_7.jpg horse_togou.jpg








スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。