FHSW official dev BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

oma63

チャーリー浜の連載4回目です。


ドイツ軍の効果的な防御により、ついに浜から1歩も進めずに惨敗してしまったアメリカ軍。

"ForgottenHope SecretWeapon"ではドイツ軍が強化されているため、
今回のような極端な結果とまではいきませんが、浜で釘付けにされてしまうことが多くなっていると感じます。


アメリカ軍不利が一層際立ったことに加え、有名な戦場を再現したMAPでもあるため、
実に色々な意見が飛び出すのもオマハ・ビーチらしいのではないでしょうか。

第4回―連載の最終回―は匿名による多くの改造案と、それに対する個人的な意見をご紹介させていただこうと思います。



oma65

"MG42が強すぎるよ! 撃ちまくっているのにちっとも倒せないんだ!"
被害にあったライベンさんの証言(28・BAR射手)


今回の連載で既に何度も述べたように、
FHSW版オマハ・ビーチのMG42は"Stationary_MG42_covered"に変更されています。

透明な板がMGの前で回転していることは書きましたが、
私も漠然としか把握していなかったので、FHSW作者様に詳しくお話を伺ったところ・・・驚愕の事実が明らかに!

ショッキングなお知らせをする前に、
その"Stationary_MG42_covered"の構造を明らかにしてみましょう。



oma80
<クリックで拡大>

わかりにくい図で申し訳ないw
MG42の下側1mにMG本体と平行な回転軸が走っており、それと直角に3m四方の透明な板が接しています。

羽根が1枚だけあるプロペラが回転しているイメージですね。


3m四方の板というと、相当な大きさです。
FHの"4号戦車"を思い浮かべてください。あれの横幅がほぼ3mで、この板の1辺の長さと同じなのです。

その透明な板が833回転/秒の速度で回転しています。
正面からガンナーを撃ってもまず倒せない理由がおわかりいただけたでしょうか・・・?


板の装甲厚は、日本軍の97式中戦車"チハ"の前面と同じに数値になっているようです。25mm程度でしょうか。



oma81

戦車と同じ装甲を持つ機関銃!ドイツの科学力は世界一ィィィィーー!!


BFのシステムに"ある攻撃兵器の貫通可能な装甲厚が、その攻撃対象の兵器の装甲厚を超えない場合、ダメージがゼロになる"という物があります。
(逆に貫通可能な装甲厚であれば、どんなに浅い角度で着弾してもダメージがゼロになりません。長くなるのでこの話はまたの機会に譲ります)


"Stationary_MG42_covered"の装甲厚は25mm程度・・・
つまり、バズーカや火炎放射器による攻撃はダメージを与えることが出来るが、ライフルグレネードではダメージを与えることは出来ないという事なのです!

タイミング良くMGガンナーを殺傷しているSSを撮ってしまったが故、
連載第3回でライフルグレネードでもMG42を破壊可能と書きましたが、これは高速で回転する板の間を爆風がすり抜け、ガンナーのみを殺傷したということらしいです。



また板による当たり判定の増加により、バンカー付近で爆発物を使用すると爆風でMG42が破壊されてしまう問題を避けるため、
"Stationary_MG42_Covered"の対爆風防御力はパンター戦車並みになっているということが判明しました!

パンターといえば、対爆風防御力が重戦車並みで非常に固い戦車ですよね。



・・・ん、まてよ、っていうことは
バンガロールでバンカーを爆破したのって意味無かったのか!!/(^o^)\ナンテコッタイ




oma64

ずいぶんと話が逸れてしまいました。本題に戻りましょう。
上記のように強力に防御された"Stationary_MG42_covered"ですが、それでもやはり無敵ではありません。



まず第一に、回転する板をすり抜け、射手に命中する確率も多少ながらあることです。
運に頼ることになるので確実な方法ではありませんが、少なくとも不可能ではありません。


第二に、回転する板はMG42本体と"直角に"配置されているということです。
つまり正面から弾丸を当てることは困難でも、角度を付けて狙えば板を無効化してガンナーを倒すことが出来る訳です。

これは是非覚えておくべきでしょう。特にスナイパーをやる方には必ず意識していただきたいところですね。
逆にMG42のガンナーは、角度の深い敵を掃射するときに細心の注意を払うべきです。


第三に、死角からのバズーカによる射撃です。
手榴弾やライフルグレネードではMG42自体を破壊することは出来ませんが、(現状、完全にMG42を破壊できるのはバズーカのみです)
爆風でガンナーを排除することは出来るので積極的に狙うべきだと私は考えます。





またMG42は確かに強力な兵器で"バランス"という面では悪役ですが、"雰囲気の演出"という面では非常に優れた働きをしていると思います。

皆さんは"オマハ"と聞いてどんな戦場を思い浮かべるでしょうか?
実際どうだったかはともかく、ロクな遮蔽物もない海岸を機関銃や砲撃に射すくめられ、引き裂かれながらも進撃する情景を思い浮かべる方が多いと思います。


血のオマハ!
そう、砂浜の地獄をかいくぐって、必死にバンカーを目指す・・・このカットが、このMAPの目玉なのではないでしょうか。
そんな"らしさ"を盛り上げるためには、強力に防護されたMG42が必要だと考えます。

今まではMG42を使って映画顔負けの弾幕を張ろうとしても、浸透してきた歩兵やスナイパーにあっさりと射殺されることが多かったのです。
倒されるのが怖くてMG42を使いたがらない→海岸に対する掃射が行われない・・・これでは"オマハらしさ"が半減ですよね!










oma67

oma68

"水陸両用装軌車を出したらどうだい? リスポーンできるし装甲で守られているから安心だよね!"
被害にあったホワイトさんの提案(25・小銃兵)


FHSWにはリスポーンが可能な水陸両用装軌車が2種類登場します。
LVT-4とその火力支援型LVT-A4ですね。

確かに、この類の車両を出すとバランスの面ではかなり改善されるでしょう。
その装甲で機関銃弾を跳ね返しつつ浜を横切り、安全なところに陣取ってリスポーンポイントとして利用できるのですから。
ドイツ軍側が浜の装甲車両を排除するには、砲兵による間接射撃か歩兵携行の対戦車兵器を使うしかありません。



しかし私が思うのは、果たしてそれが"オマハ"と言えるのであろうか? という点です。

上にも書きましたが、このMAPは浜での戦闘が目玉なのです。
それを殺してしまっては、メインデッシュのないコース料理のようだとは思いませんか!?

特に火力支援型のLVT-A4は危険でしょう。榴弾砲の射撃で簡単に機関銃を沈黙させることが出来てしまいます。
ついでにいうなら、これらの車両は44年6月6日の時点で実戦に投入されていないはずです。同15日のサイパンが初とのことですから。


出すとしたらLVT-4の方を、それも"バンカーの両方を米軍が占領+ドイツ軍が取り返していない"くらいの条件で出すのが適当ではないでしょうか。
そんな条件可能なの?と疑問に思う方がいらっしゃるかも知れませんが、FHSWの作者さんによると可能だそうです:)










oma72

"今こそシャーマンDDを活躍させるべきじゃないのか? ノルマンディーにはぴったりの兵器じゃないか!"
被害にあったスミスさんの提案(31・分隊長)

シャーマンDDとはノルマンディー上陸作戦用に開発されたM4改造の水陸両用戦車のことです。
正確には英軍が使用した"浮航型"のものを指しますが、ゲーム内では米軍の使用した"潜水型"の事を指します。




oma71

↑米軍が使用した"潜水型"水陸両用戦車。



oma73

↑英軍が使用した"浮航型"水陸両用戦車。



そんなのFHにあったの!という方もいらっしゃるでしょうが、使われていないだけでちゃんと存在しています。
潜水は・・・可能なんでしょうか? 未確認なので何とも言えません:(


これを登場させるとほぼ撃破されることのない強力な支援火力になるでしょうから、バランス的には悪くないと思います。
また戦車のケツに隠れながら前進できるため、雰囲気的にもなかなか面白いことになりそう。



しかしやはり強力すぎて、浜を殺すことになりかねません。
上陸地点から適当に主砲を撃つだけでMGを簡単に排除することが出来てしまいます。

それならば主砲の弾薬をゼロにしたり、爆風ダメージをゼロにして移動機関銃トーチカの様にすればよいのでは? という意見もありました。
確かにそれなら浜の雰囲気を崩さず、かつ戦車に隠れて進軍というシチュエーションも実現できるでしょう。



しかし私の経験上"戦車の陰に隠れて進軍"というテクニックを有効に使えている所を見た試しがありません。

戦車は目立つ割に幅が狭く足並みも揃わないため、結局MGに撃ち倒されてしまうのではないでしょうか?
またバンカーのある崖まで進軍したところで、何をすればよいのでしょうか。戦車は旗本までいけないのです。


こちらも、もし出すとしたらバンカーの制圧後がよいと思います。










oma76

"沿岸は連合軍の艦艇で埋め尽くされていたんだろ? 支援艦艇の1隻くらいよこしてくれよ!"
被害にあったヴィンセンズさんの提案(24・工兵)


D-Day当日は上陸用舟艇4000の他に、艦砲射撃を行う軍艦130隻を含む6,000を超える艦艇が投入されました。
しかしオマハ・ビーチに対する事前砲撃は40分間しか行われず、また空軍による爆撃がミスにより内陸側に行われてしまったため、米軍はここで大量の出血を強いられるわけです。

これもやはり初動から出しておくのは浜の雰囲気を殺してしまうことになりかねないと思います。
艦艇の砲撃力は戦車の比ではありません!

またバンカー制圧後に出したとしても、切り立った崖に邪魔されて砲撃支援などとても出来ないはずです。










さて、どうにも否定的な意見ばかりになってしまいました・・・提案した人怒らないで下さいね:(
以下に私なりの改良案を掲げて、連載"オマハの休日"シリーズの締めくくりとさせていただきます。




◎"Stationary_MG42_covered"の仕様は、基本的にこのまま
oma66

確かに強い兵器ですが、オマハ・ビーチという戦場の雰囲気を演出するには、その強さが欠かせないと思います。
私個人としては、勝敗よりも雰囲気を味わうことがFHSWの醍醐味であると考えていますから:)

また、工夫と立ち回り次第で対処できるのもポイントです。なにも無敵なわけではありません!


ちなみに死角からバズーカを撃ち込むと命中角度が浅くてダメージが半減してしまう問題を解決するため、
"FHSW0.15"では耐久力が低下する模様です。






◎装甲車や海軍は無し!
oma83

上にも書いたとおり、これらを出すと雰囲気が大きく崩れると思います。ドイツ軍には有効な対処手段がありませんしね。
しかし雰囲気を壊さないように配慮すると、今度は出す意味が無くなってしまいます!

またバンカーを取られてから出しても、バンカー上部は砲弾の穴だらけ。
こんな地形ではとても身動きできず、ジッとして支援射撃をすることしかできません。
(それが悪いとはいいませんけど、ねぇ?)




oma74

oma75

まぁ、こういうことです。






ではどうすればよいのでしょうか? 私はこう考えます。



◎煙幕を装備させる
oma82

今までは敵の射線に対し、人工的な遮蔽物に隠れて進軍することが不可能でした。
(戦車に隠れるのは上にも書いたとおり有効ではないです)
そこで、兵士に煙幕手榴弾を持たせるのはいかがでしょうか。

残念ながらFHSW0.15では間に合わない模様ですが、将来的に煙幕手榴弾を実装する予定はあるようです:)
煙幕遮蔽さえあれば、浜→バンカーや、バンカー→前線司令部への攻撃が適度に易化するはずです。






◎火炎放射器kitを出す
oma77

MG42を完全に破壊するためには、現在の所バズーカを撃ち込むしかありません。
しかしあまり認知されていないこと、また対歩兵戦闘で大きく不利なために選ぶ人は非常に少なくなっています。

そこでバズーカ以外でMG42を破壊可能な、火炎放射器kitをいくつか配備するのはいかがでしょうか。
実装する場合、折角kitを拾ってもバンカーに辿り着く前に倒される可能性が高いため、短時間でスポーンさせる方がよいと思います。

また雰囲気的にもGoodなはずです:)






◎設置式ブローニング機関銃kitを出す。
oma78

これはMG42を正面から倒す可能性を高める狙いがあります。
LCVP搭載の50口径機関銃やBAR、ましてやM1ガーランド等では、殆どまぐれでない限り正面から倒すことが出来ないのが現状です。

まぁそれが歩兵の無力感を増幅させていて好きなのですがw
また実用性の他にも、制圧射撃っぽい雰囲気を出すことが出来るという利点もあります。

使い方によっては非常に強力ですので、kit数は1個か、せいぜい2個まででしょう。








oma79.jpg

さて、全4回に渡ってお送りしてきた"オマハの休日"シリーズ、いかがでしたでしょうか。

私は正直疲れましたw
でもやはり人気のあるMAPですから、自然と気合いも入る物です。


反省点としては、ちゃんと確認を取らずに憶測で記事を書いてしまったことですね。
次回からはなるべく裏付けを取ってから執筆に取りかかりたいと思います。

また特に断っておきたいのは、第4回の私の意見についてです。
これらは全く個人的な物であり、決して他人を中傷したり、MAPの改善を強制したりする物ではありません。
ご了承下さい。




またこのような記事はバリバリ書いていくつもりです。
つたない文ですが、皆様に楽しんでいただければ幸いです。


Umeboshiサーバーで遊ぶときは、BigVに激写されないようご用心!?
それでは、また:)
スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。