FHSW official dev BLOG
Selected category
All entries of this category were displayed below.

H8K_top.jpg

FHSWへ日本初の4発大型機の実装のお知らせです!
圧倒的な存在感と時代の最先端をゆく性能、期待された将来から一転して悲劇的な戦史
そして戦後の国産航空機開発へとつながってゆく重要な機体、二式大艇のご紹介です。

スポンサーサイト
oyodo+1.jpg
前回紹介しました巡乙こと阿賀野型軽巡洋艦4隻のほかに、マル四計画ではもう2隻の新型軽巡洋艦の建造を行っていました。
阿賀野型が水雷戦隊の旗艦になることを主目的としていたのに対し、本日ご紹介するのは潜水戦隊の旗艦として建造された巡丙こと「大淀型軽巡洋艦」です。

Yahagi2.jpg
ゲーム内における一大海軍国家である日本は史実でも世界規模で見ても五指に入る大海軍を擁していたわけですが、
ことFHSWでは陽炎型駆逐艦の上位がいきなり最上型巡洋艦になってしまい、米英海軍と戦わせた場合に同等の武装の艦がおらず
しばしば一方的な展開を見せる戦闘になってしまっていました。
今回はその間隙を埋めるべく、日本海軍へWW2当時でも最新鋭の軽巡洋艦が追加されます。

t-28top

SWの筆頭に上げられることも多い多砲塔戦車というカテゴリですが、各国とも戦間期に若干数が試作されただけで量産配備にいたったのはソビエトの2種のみでした。
一つはFHSW初期に登場していますT-35ですが、いよいよ今回はもう一方、T-28多砲塔中戦車の配備となります!

pz2gml_top

戦場を快速で駆け巡り敵情を視察、チャンスさえあれば弱点である後面を取って撃破する、戦法と戦況がピタリとはまった時の軽戦車の立ち回りはとても面白いですね!
米軍にはM18ヘルキャットというこれ以上ない車両が登場しましたが、電撃戦の本家本元ドイツ軍にはあまりこの手の高速車両はおりませんでした。
8輪装甲車プーマは確かにこの範疇に入りますが、どうにも速度が中途半端、車体も長くて撃たれやすい… なんだか今ひとつピンときませんね。
そんなあなたにオススメしたい、今回の新兵器は独軍の新世代軽戦車、新型式II号戦車G/M/L型と5cm自走対戦車砲です!
Today's news is about the introduction of a new generation light reconnaissance tank for German Army, Neue Art PanzerkampfwagenII Ausf.G/M/L,
and self-propelled 5cm Antitank gun.


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Secret Ordnance Factory, All rights reserved.